MENU

24時間テレビの疑問と裏側の闇5つ!高額ギャラを受け取らなかった人とは?

24時間テレビの疑問と裏側の闇5つ!高額ギャラを受け取らなかった人とは?
スポンサーリンク

毎年8月の終わりの恒例となっている24時間テレビ、

そこには闇と裏側と疑問などが多く、

様々な憶測や噂がされています。

今回は疑問に感じることや裏側について、

ギャラについても詳しく調べていきたいと思います。

スポンサーリンク
目次

24時間テレビの疑問つ

疑問1つ目:なぜ精神、発達障がい者は出演しないの?

24時間テレビでは、

  • 被災などで家族を失った方
  • 病気と戦う方
  • 障がいを持った方

 

このような方の特集を組んだり取材をして、

チャレンジをすることで番組が構成されています。

 

 

ここで障がい者の枠の疑問になってくるのが、

番組に出演するのは身体障がい者と、

知的障がい者ばかりということ。

 

  • うつ病
  • パニック障害等の精神障がい者
  • ADHD(注意欠陥・多動性障害)、
    ASD(自閉症スペクトラム)等の発達障害者は出てこない。

 

このような方たちも生きにくい障がいを抱えているのですが、

彼らで特集を組まれたことは今までないようです。

理由その1:目に見えない障がいだから

 

上にあげた精神的な障がいのある人たちは、

周りの人から理解にされにくい障がいでもあります。

知的に遅れがあるわけではないので、

一見普通の人と変わらないように思えて、

気づかれにくい障がいだと言えます。

しかしそれでは番組としては企画しづらいのです。

 

  • 見えない障がいでは募金が集まらない
  • 障がい者に見えないと苦情が入る
  • 目で見てわかりやすい障がいのほうが、
    視聴者の感情を揺さぶる

 

例えばADHDの子が苦手なことに挑戦して克服をする、

このような企画を立てたとしても、

それはとても地味でインパクトのない映像となるかもしれません。

 

 

そういう企画よりも、

身体に障がいがある方だと障がいがわかりやすく視聴者に伝わり、

企画も立てやすいと思われます。

そしてそれが募金額にも大きく影響するからではないでしょうか。

理由その2:撮影がスムーズに進まなくなる可能性

 

また鬱の人や発達障がいの人は、

気持ちがすぐに落ちたり不安定になりやすいです。

番組スタッフが撮影に向かっても、

体調が安定せず撮影にならないこともあるでしょう。

撮影に来てもらったのに迷惑をかけてしまった

と自分を責めてしまうことになるかもしれません。

 

 

生放送のその会場に気持ちが不安で、

出演できない可能性もあります。

自分に自信をつけて前向きになるための企画が、

逆効果にもなるかもしれないですね。

 

スポンサーリンク

 

疑問2つ目:批判を受けてもなぜ番組を続けるのか

 

24時間テレビはどちらかというと批判されることが多く、

もうやめたほうがいい

嫌いだから見ない

障がい者を見せものにしている

という意見がよく見られます。

このような批判をされているのに、

なぜ24時間テレビを毎年放送しているのでしょうか。

 

 

その答えはわりとシンプルなものだと思われます。

  • 多額の募金を集められる
  • 視聴率がとれる

 

どんなに批判の声が聞こえてきても、

実際視聴率は毎年二桁とれる番組であり、

募金も9億円弱を常に達成しているそうです。

 

  • ジャニーズが出演しているので若者の視聴者も多い。
  • チャリティー番組を好んでみる中高年層からも人気。
  • 非常に安定感のある番組で、長く人気を維持している。

 

その募金はしっかりと必要なところで使われており、

それによって助けられている方は多くいると思います。

こう考えると番組を続けているメリットの方が多そうですね。

 

寄付金の使い道については主に、
福祉、環境、災害復興に使用されています。

疑問3つ目:なぜジャニーズばかり起用されるのか  

 

せっかく募金を募る番組をしているのですから、

テレビ局としても多くの募金を集めることと、

視聴率を維持するための策を練っています。

その最たるところが、

ジャニーズ事務所の所属タレント起用です。

 

 

チャリティー番組に興味があるわけではないけれど、

好きな芸能人が出ているなら見よう

と思う人も多いと思います。

そしてその大好きな芸能人が、

募金よろしくお願いします。

と言えばなんとか少しでも役に立てたらと、

募金する人も多いのではないでしょうか。


ジャニーズの起用は視聴率や募金だけではなく、

チャリティーTシャツなどの

グッズの売り上げアップにも繋がります。

 

ジャニーズ事務所のタレントの物販力は、
ずば抜けていると言われています。


今後もジャニーズ事務所のタレントを起用していれば、

番組の視聴率も募金額も安定といえるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

24時間テレビの闇と裏側3つのエピソード

1つ目:チャリティーマラソンのやらせ疑惑

 

なぜ走るのか意味不明

真夏のマラソンは非常識

このように評判があまりよくないチャリティーマラソンですが、

コロナの影響で中止となった年以外は、

ずっと継続して続けているメイン企画です。

 

 

このチャリティマラソンについて、

よく噂になっているのがやらせ疑惑です。

 

チャリティマラソンやらせ疑惑
  • 車に乗せて途中移動しているのでは?
  • 毎回時間ギリギリにゴール、
    時間調整している?

 

途中こっそり車に乗せているという話は、

現実的ではないかと思います。

沿道に常に応援の人がいるような状態で、

人目を盗んで車に乗せることは厳しいでしょう。

そんなことをしたらスマホで撮影されて、

拡散されるに違いありません。

 

 

またよっぽど遅れていない限り、

車に乗せてまで急ぐ必要がないと言われています。

歩いても到着する距離を設定されていることと、

早く到着することが目的ではないからです。

 

 

実際にマラソンのゴールはエンディングの曲に合わせて、

ギリギリで入ってくるのがいつものパターンですね。

この計算されたようなゴールの時間については、

あまりに早く着きすぎてしまわないように、

エンディングに合わせて実際に調整していると言われています。

 

  • ランナー本人には何も伝えない。
  • スタッフが時間を調整する。
  • 休憩時間を長くとる。
  • 前方を走る中継車や
    警備の自転車の走る速度を、
    わざと遅くして時間を稼ぐ。
  • 中継車をわざとゆっくり走らせたり、
    急に速度を上げたりして、
    ランナーの走る速度を上げ下げする。
  • 一定の速度で走るより疲れるので、
    真夜中には疲れがピークに達して、
    明け方には本当に疲れ切った表情になる。

 

 

スタッフの絶妙な調整によって、

番組ラストに感動のゴールを持ってきていたわけですね。

 

放送時間内にマラソンを完走できなかった人
  • 間寛平さん
  • ⾚井英和さん
  • ⼭⽥花⼦さん
  • 萩本欽⼀さん
  • イモトアヤコさん
  • 大島美幸(森三中)さん
  • いとうあさこさん

2つ目:チャリティ番組なのにギャラが高額

 

24時間テレビのメインパーソナリティーともなれば、

高額のギャラが発生していることは有名で、

嵐だとそのギャラは5000万円と言われています。 

拘束時間が長い出演者へは、

ギャラが発生していることをテレビ局も認めています。

 

 

24時間テレビは人気番組で知名度も高く、

多くの企業がCMをやりたいと名乗り上げるそうです。

 

深夜帯でも広告料が通常の1.5倍も貰えて、
CM収入は22億ほどです。
番組制作費が4億2000万、
ギャラが少なくとも1億3000万、
残りは利益となります。

 

この広告費からギャラが支払われているようです。

さすがに募金から支払われているわけではありません。

 

ちなみに海外のチャリティ番組は、
ノーギャラが当たり前です。

 

実際にボランティアをした人からの話を聞くと、

ボランディアスタッフへの扱いはひどいようですね…

 

・Tシャツは支給ではなく500円で購入。
・飲み物の支給はなし。
・弁当は保管場所がなく、
日ざらしだったのか腐っていた。
・企業の販促グッズとか食品販売が仕事だが、
女性へのナンパのような客引きを強要。
・シフトや仕事内容のマニュアルなどが整備されていない。

 

スポンサーリンク

 

今まで24時間テレビのギャラを受け取らなかった3名

1人目:萩本欽一

 

そんな中でもギャラを受け取らなった方もいます。

萩本欽一さんは初代24時間テレビの総合司会を務めました。

出演に際し萩本欽一さんは、

ギャラが安い

と何度もオファーを断ったそうです。

 

ギャラのやり取りが何度かあり、

もうこれ以上は上げられない

と言われてやっと快諾したと言われています。

そして萩本欽一さんはこう言いました。

じゃぁそのギャラを全額寄付に回してくれ

と自分のギャラは全て寄付にと依頼したそうです。

YOSHIKI

 

Ⅹ JAPANのYOSHIKIさんは、

2018年の24時間テレビに出演されましたが、

ノーギャラで出演したことをご本人が明かしています。

さらに番組出演中に300万円の寄付もしています。

 

木村佳乃

 

木村佳乃さんは2018年の24時間テレビで総合司会を務めて際に、

オファーを受けた時からノーギャラを申し出ていたそうです。

 

もともと木村さんは東日本大震災の際に、
チャリティー握手会の発起人となったり、
募金を集めたりと、
福祉活動に積極的な女優として知られています。
さまざまな業界の便宜を図るため、
ギャラをそのまま寄付するのではなく、
ギャラと同額の寄付金を
ポケットマネーから出す形だったと言われています。

 

3人とも本当にかっこよくて、

人柄がとっても素敵ですね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

24時間テレビの噂、闇や裏側について、

少し見えてきたような気がします。

番組が変わらず人気を保っている理由や、

ギャラを断った方たちの人柄も伝わってきました。

今後もたくさんの方が楽しめて、

寄付金で多くの方を助ける番組であってほしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
24時間テレビの疑問と裏側の闇5つ!高額ギャラを受け取らなかった人とは?

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次