【2023最新】映画館のバイトに受かる人の特徴7つ!髪色茶色はOK?映写スタッフが狙い目!

【2022最新】映画館のバイトに受かる人の特徴7つ!髪色茶色はOK?映写スタッフが狙い目!

映画館バイトに受かる人はどんな人なのでしょうか。

人気が高く競争率が高い映画館バイト。

実際に映画館バイトに携わる方々の意見をもとに、

受かる人の特徴7つをご紹介したいと思います。

目次

映画館のバイトに受かる人の特徴7つ!

その1:清潔感のある人

他の接客業にも言えることですが、

清潔感は非常に重要なポイントと言えます。

特に映画館はホテルやレストランの従業員のような、

ワンランク上の身だしなみが求められます。

スーツで面接に行く必要はありませんが、

汚れやシワのない清潔感のある服装が必須と言えます。

爪をきちんと切っておく、

きれいな靴を履くなど、

全身清潔感の良さをアピールできるようにしましょう。

髪型は色よりも清潔感が大事

髪色についてはそれほど制限がない映画館が多いようです。

普通の茶色程度の髪色なら問題ないでしょう。

それよりも清潔感が重視されます。

長髪の場合はきちんと束ねてあること、

短髪の場合はきちんとセットしてあることなどが大切です。

ただし金髪や赤、青などカラフルな髪色は敬遠されますので気を付けましょう。

その2:笑顔で対応できる人

映画館はただ物を売る店ではなく、

映画を通して「夢を売る」場所です。

お客さんは夢を求めて映画館に足を運ぶため、

映画館スタッフの接客レベルは高いものが求められます。

とは言え難しい知識やスキルを持ち合わせている必要はなく、

笑顔で対応できることがもっとも大切と言えるでしょう。

テーマパーク従業員のようにいつも笑顔で対応できる人は、

映画館バイトに受かりやすいでしょう。

面接では緊張して表情が固くなりがちですが、

意識的に笑顔で対応すると良いでしょう。

スポンサーリンク

その3:映画が好きな人

サービス業で大事なことは、

その商品が好きであることです。

好きな商品であればモチベーションを維持しながら

売ることができるでしょう。

映画館で提供する商品はもちろん映画です。

その商品である映画を好きであることは、

映画館スタッフの条件の一つと言えるでしょう。

面接では「好きな映画は何ですか」と質問されることが多いです。

その時に答えられる映画のタイトルを準備しておくことが大切です。

映画好きであることを存分にアピールすると良いでしょう。

映画の知識がある程度必要

映画館バイトは、

上映している映画の知識をある程度把握しておく必要があります。

お客さんからどんな映画なのか聞かれることも多いからです。

しかも映画館では週ごとに上映作品が変わるため、

毎週新しい作品の情報を頭に入れておく必要があります。

映画に全く興味がないと苦痛に感じてしまうかもしれません。

反対に映画好きなら、

いち早く映画の情報を得られるので楽しく仕事ができるでしょう。

ただしコアなファンは敬遠されることも

映画好きであることは、

映画館の面接官に好意的に受け取ってもらえるでしょう。

しかし、

俳優の〇〇さんの大ファンです

アニメ〇〇の大ファンです

などコアなファンであることアピールすると、

その情報を得ることを目的に映画館で働きたいのでは?

と敬遠されてしまう恐れがありますので注意しましょう。

その4:時間を守る人

映画館はすべて上映スケジュールに沿って動いています。

映写スタッフは時間通りに上映を始める必要があります。

フロアスタッフは上映開始時間に合わせて、

開場する必要があります。

そのため時間にルーズな人は、

面接官に悪い印象を与えてしまうでしょう。

反対に時間をきっちり守る姿勢のある人は、

面接官に好印象を持たれるでしょう。

面接の際には15分前には、

面接場所に着いておくなど、

時間に余裕をもった行動を心掛けましょう。

スポンサーリンク

その5:土日や連休に出勤できる人

映画館は閑散期と繁忙期がハッキリしています。

平日はお客さんが少なく、

土日祝日は混雑します。

また大型連休など多くの方が連休になる時期は繁忙期になります。

・春休み
・ゴールデンウイーク
・夏休み
・冬休み
・年末年始

各配給会社は、

このような大型連休に大作の公開を合わせてくるため、

特に映画館は非常に混雑します。

そのため多くのバイトスタッフが必要になります。

土日祝日や大型連休に積極的に出勤できる人は、

受かりやすい人の条件と言えるでしょう。

その6:出勤できる時間が幅広い人

映画館は営業時間が長いため、

出勤できる時間が広い人も採用される傾向にあります。

一般的な映画館バイトは早番と遅番に分かれています。

・早番:主婦、フリーター
・遅番:学生

早・遅番バイトの出勤時間はこのような傾向にあります。

・朝の上映は8時台から:早番スタッフは7時台に出勤
・夜の上映は23時台まで:遅番スタッフは24時台まで出勤

全てのスタッフがこのようなシフトではなく、

少しずつズレた時間帯で出勤することになりますが、

大まかにこのような流れになる映画館が多いです。

早朝や深夜に出勤できるスタッフは少ない傾向にあるため、

・どの時間帯でも出勤できるフリーター
・遅番でも出勤できる主婦
・早番でも出勤できる学生

このように幅広く出勤できる人が重宝されるでしょう。

スポンサーリンク

その7:映写スタッフを希望する人

映写スタッフを希望する人は、

映画館バイトに受かりやすいと言えます。

映画館バイトは大きく4つの部門に分けられています。

・チケット:チケット販売およびインフォメーション業務など
・フロア:シアターに入場する際のチケット確認や誘導、館内清掃など
・コンセッション:ポップコーンやドリンクなどのフード売店業務など
・映写:映画上映の映像や音声確認、機材のメンテナンスなど

このように映写以外の部門は、

いわゆる映画館バイトの業務なのでイメージしやすいでしょう。

しかし映写スタッフはやや業務内容がわかりにくいため敬遠されがちです。

また、映画上映後に機材のメンテナンスや

新作の試写などを行うため、

深夜業務が多くなる傾向にあります。

これも映写スタッフが敬遠されやすい理由の一つです。

そんな映写スタッフを希望すると、

受かる確率が高くなるかもしれません。

事前研修があるので知識やスキルは不要

映写スタッフってバイトでも大丈夫?

と思う方も多いでしょう。

昔は映写技師がいる映画館もありましたが、

現在はバイトスタッフが行っているケースが多いです。

何の知識がなくても、

きちんと事前研修が行われるので問題ないでしょう。

映画上映に携われる貴重な仕事なので、

映画好きの方にはたまらないかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は映画館バイトに受かりやすい人の特徴をまとめてみました。

映画館バイトを希望する場合には、

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
【2022最新】映画館のバイトに受かる人の特徴7つ!髪色茶色はOK?映写スタッフが狙い目!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次