「ワイルドスピード」キャスト不仲説は本当?確執原因を徹底解説!

「ワイルドスピード」キャスト不仲説は本当確執原因を徹底解説!

世界中で大ヒットを飛ばしている

「ワイルドスピード」シリーズですが、

不仲説が噂されることが多いことでも有名です。

今回は気になる不仲の原因について

調べてみたいと思います。

目次

「ワイルドスピード」ヴィンディーゼルとドウェインジョンソン不仲原因を解説

2016年8月8日:ドウェイン、SNSで問題発言


https://theriver.jp/vin-pga-credit/

「ワイルドスピード」のキャストの中で

長きにわたり不仲騒動が報じられてきたのはこちらのお二人。

ドミニク・トレット役のヴィン・ディーゼル
ルーク・ホブス役のドウェイン・ジョンソン

もともと仲が良かった二人なのですが、

2016年8月、

確執があることが明らかになります。

そのきっかけとなったのは、

8作目「ワイルド・スピード ICE BREAK」

撮影終了まであと1週間という、

2016年8月8日にドウェインがSNSに投稿した内容でした。

女性共演者を称賛する一方で、

男性共演者の中にはプロフェッョナルな人間もいれば、
そうでない者もいる。
そういう奴らは、それを解決する勇気すらない。チキンどもが。
来年4月の映画で俺がいくつかのシーンで演技じゃなくて本気で怒っているように見えたら、
それは、その通りだ。

ロック様、かなりご立腹な様子ですね。

そしてこの投稿に対し、

一体「誰」にここまで激怒しているのか

ということに注目が集まりました。

しかし、すぐにその人物と原因が判明します。

2016年8月11日:ヴィンの勤務態度の悪さがスクープされる

実はヴィンは勤務態度が悪いことを、

各メディアがスクープ。

・現場に遅刻してくる
・なかなか楽屋(トレーラーハウス)から出てこない
・撮影を遅らせる
・現場で失礼な態度をとることがある

現場の人々はこのような態度に不満を感じるも、

ヴィンは主役でありプロデューサーでもあるため、

誰も意見できない状況であったそうです。

真面目なドウェインは、

そんなヴィンに堪えられなかったと言われています。

スポンサーリンク

2016年8月12日:ヴィン、SNSでドウェインの投稿に反応

その翌日ヴィンはSNSで

いずれ全てを話すよ

と発言。

ドウェインの投稿に対するものだったと思われます。

2016年8月19日:ドウェイン、ヴィン以外の人に感謝の言葉を投稿


https://ciatr.jp/topics/307321

数日後に8作目の撮影が終了。

ドウェインは、

監督共演者などにSNSで感謝の言葉を述べます。

しかしその中に、

ヴィンの名前だけがありませんでした。

2016年9月:ミシェル・ロドリゲスが二人の確執を認める発言をする


https://front-row.jp/_ct/17452557

本シリーズでレティ役のミシェル・ロドリゲスが、

米国ピープルのインタビューにて、

ヴィンとドウェインの確執を認める発言をします。

「彼らは兄弟のようなもの」

などのフォロー発言もありましたが、

彼女が二人の不仲を認めたことで、

これまで不確実だった二人の確執は、

確実なものとなってしまったのです。

タイリースとリュダクリスはヴィンを擁護

また、

タイリース・ギブソンとリュダクリスは、

ヴィンを擁護する発言をしていました。

スポンサーリンク

2016年11月:ドウェイン、不仲騒動が宣伝になったと発言


https://front-row.jp/_ct/17452557

ドウェインは米国Los Angeles Timesのインタビューで、

一連の不仲騒動は映画のいい宣伝になったと発言。

アメリカで大きな影響力を持つドウェイン

彼がSNS上で発するコメントは、

非常に大きな宣伝効果に繋がると言われています。

一連の不仲騒動が、

映画ヒットの要因になったことは

間違いないでしょう。

またドウェインは、

もっとも重要なことは映画であり、

僕たちはファンが映画を愛してくれたことが嬉しい

という発言もしています。

2017年4月:ヴィン、不仲は誇張されている部分があると発言


https://front-row.jp/_ct/17592042

ヴィンは米国USA TODAYの中で、

意見がつぶかることはあったが、不仲の噂は誇張されている部分がある。
映画界でドウェインの相棒は俺だけだ。

このように語りました。

意見の相違はあっても相棒のような存在

ということを明かしたのです。

以前にミシェルが語った

彼らは兄弟のようなもの発言も

納得できるようなコメントでした。

スポンサーリンク

2017年5月:ヴィン、ドウェインの誕生日を祝う

ヴィンは5月2日のドウェインの誕生日に、

SNSでお祝いメッセージを送ります。

その中にはドウェインに対して

誇りに思うよ

という言葉もありました。

ドウェインから直接返信はありませんでしたが、

Twitterで、

誕生日メッセージを本当にありがとう

と投稿したことから、

ようやく二人の不仲は解消されたと思われました。

2018年4月:ヴィン、ドウェインと一緒に撮影しなかったことを明かす

イラスト

ドウェインは米国Rolling Stoneのインタビューにて、

8作目「ワイルド・スピード ICE BREAK」では

ヴィンと一緒の撮影はなかったと発言。

さらに何度か二人で話し合ったことも明かし、

映画作りや共同作業について考え方が違うことがわかった。
(中略)
また一緒に働くかどうかは置いておいて彼の幸運を願っているよ。

と語りました。

大人な態度を見せたドウェインですが、

やはり二人の確執は深いことが露呈した形になりました。

2019年9月:ドウェイン、スーパーコンボの成功をヴィンに感謝


Amazonより

ドウェインは、「ワイルドスピード」のスピンオフ作品

「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」に主演。

こちらの作品は大ヒットを記録しました。

その成功を感謝しSNSでコメントを投稿。

その中で、

「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」をサポートしてくれた
兄弟のヴィンに感謝したいと思う。

とコメント。さらに、

「ワイルドスピード」9作目には出演しないが、
10作目についてはわからない

ボブス(ドウェイン)とドム(ヴィン)にはまだやりのこしたことがあるからね。

この発言には、

世界中のワイスピファンが歓喜しました。

スポンサーリンク

2021年6月:ヴィン、「愛のムチ」発言で不仲再燃?


https://theriver.jp/vin-pga-credit/

ドウェインのワイスピ復帰が期待される中、

またしてもヴィンから問題発言が飛び出します。

米国Men's Healthのインタビューの中で、

ドウェインと仕事をしていた時の話題になると、

自分の態度はドウェインに対する「愛のムチ」だった。

と語ったのです。

ドウェインはもともと、

「ザ・ロック」という大人気プロレスラーでした。

そんな彼がホブスという役になりきれるように

あえて厳しく接したというのです。

2021年7月:ドウェイン、「愛のムチ」発言を笑い飛ばす


https://front-row.jp/_ct/17452557

英国The Hollywood Reporterのインタビューの中で、

ヴィンの「愛のムチ」発言について聞かれたドウェインは、

笑ったね。大声で笑ったよ。
あの発言には、みんな笑っちゃったんじゃないかな。

と発言。

ヴィンの勤務態度の悪さは、

過去のスクープでも明らかにされてきました。

その行動を「愛のムチ」と言われても・・(笑)

ということだったのでしょうね。

さらにドウェインは10作目と11作目にも

出演することはないことを匂わせるコメントもしており、

ヴィンとの不仲は解消されていないことがわかりました。

2021年11月:ヴィン、ドウェインに「公開出演依頼」

復帰しない姿勢を示したドウェインに対し、

ヴィンSNS上で「公開出演依頼」を決行。

我が弟ドウェイン、時はきた。
世界が『ワイルド・スピード』のファイナルを待っている。

僕は数年前にポールウォーカーとの約束を
果たすと君に話したはずだ
このシリーズを止めたままにしないでくれ。
お前の役割は重要なんだ。
ホブスは他の誰にもできない。
お前が立ち上がり、運命を全うすることを願っている。

などの熱すぎるメッセージを投稿し、

ドウェインに復帰を懇願したのです。

2021年12月:ドウェイン、「公開出演依頼」を痛烈批判


https://ciatr.jp/topics/307321

CNNのインタビューに対し、

ドウェインヴィンの投稿について

すごく驚いた。

とコメント。

そしてヴィンやユニバーサル映画の関係者にも

復帰しないと直接伝えていると話し、

改めて復帰を否定しました。

さらにヴィンの公開依頼に対し、

彼の小細工のいい見本だ。
ポールの死を引き合いに出すのは気に入らない。

などと痛烈批判。

ヴィンの熱いメッセージは届かなかったようです。

スポンサーリンク

「ワイルドスピード」他キャスト・監督の不仲の原因は?

タイリーズVSドウェイン:スピンオフ映画をめぐる方向性の相違


https://www.tst-movie.jp/act/ta-tyresegibson.html

2017年10月、

「ワイルドスピード」9作目が、

当初の公開日から1年延期されることが発表された際、

ローマン・ピアース役のタイリース・ギブソンはSNSにて、

延期の原因はドウェイン主演のスピンオフ映画のせいだと指摘。

メインシリーズを継続させたいタイリーズは、

スピンオフ映画に否定的な姿勢を見せ、

ドウェインやプロデューサーのハイラム・ガルシアを

痛烈に批判しました。

不仲騒動を乗り越え絆が深まった

https://www.tst-movie.jp/act/ta-tyresegibson.html

2020年12月、

タイリーズはインタビューで、

ドウェインと4時間にわたる話し合いをした結果

和解したことを報告。

2021年6月のトークショー「エレンの部屋」では

今ではドウェインと1日おきに連絡している。
どっちが長い留守電を残るか勝負しているんですよ。

と、驚きの仲の良さを明かしています。

もともと仲が良かったという二人は、

不仲騒動を乗り越え、

さらに絆が深まったようです。

スタジオ側VSジャスティン・リン監督:クリエイティブ面での意見の相違?


https://realsound.jp/movie/2022/04/post-1019121.html

シリーズ3作目~6作目、9作目の監督を務め、

シリーズの成功に貢献してきたジャスティン・リン監督。

10作目も手掛けることが決定するも、

突然降板が報じられました。

降板の理由は、

クリエイティブ面で折り合いがつかなくなったこと。

度重なる変更や制作上のトラブルに

監督が疲弊したことなどが

原因と言われました。

あくまでも友好的な降板であり、

リン監督はプロデューサーとして残ることも

発表されました。

ヴィンとの確執が原因?


https://www.berlin-report.net/2021/08/dominic-toretto.html

しかしこの降板騒動について、

複数の関係者から

ヴィンとの確執が降板の原因なのでは?

という声が上がったそうです。

真相はハッキリしていませんが、

長年シリーズに貢献してきた監督の降板騒動は、

世界中のワイスピファンにとって悲しいものでした。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「ワイルドスピード」シリーズの

不仲説の原因を調べてみました。

ヴィンとドウェインの不仲原因は、

ヴィンの勤務態度の悪さが発端となり、

その後も様々なバトルが繰り広げられたようです。

タイリーズとドウェインの不仲は

スピンオフ映画に対する意見の相違が原因だったようですね。

リン監督の降板劇については、

ヴィンとの不仲が噂されていますが、

真相は謎のままでした。

これ以上、

このような不仲トラブルが起きないことを

心から祈っております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ワイルドスピード」キャスト不仲説は本当確執原因を徹底解説!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次