MENU

埼玉立てこもり犯人は渡辺宏!動機は年金?母への愛?無理難題多すぎ!

埼玉立てこもり犯人は渡辺宏!動機は年金?母への愛?無理難題多すぎ!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
スポンサーリンク

母の亡骸の横で主治医を射殺。

母の弔問に訪れた医師を人質に11時間にわたり立てこもった渡辺宏容疑者。

犯行を決断した背景や動機は何だったのでしょう。

今回の事件の経緯
1月26日(水)
92歳の母死去
1月27日(木)
「焼香に来て欲しい」と鈴木さんらクリニックの関係者7人を指名し呼び出し
弔問にスタッフがくる

医師に銃を発砲して殺害
1月28日(金)
自宅に医師・理学療法士・医療スタッフ3名が焼香に行く

死後1日以上(30時間)が経過していた母親に蘇生措置を行うよう求める

鈴木医師が蘇生できないことを説明する
1月29日(土)
警察突入、渡辺容疑者逮捕

スポンサーリンク
目次

埼玉立てこもり犯人は渡辺宏!

母が死んでしまい、この先いいことはないと思った
自殺しようと思い、自分だけではなく医師やクリニックの人を殺そうと考えた

この意味をどのような考えで訴えたのでしょうか。

自分本位の人生であるのか、母が生きがいだったのかどちらとも取れます。

捜査本部は計画性があったとみて調べていますので、

何かしらきちんと理由が存在していたというのが確かでしょう。

動機は年金?

今回、渡辺容疑者の母親(92)は後期高齢者であることから年金受給者であることがわかります。

在宅介護(看護)を受けていることにより介護保険も受けていた可能性が高いです。

また、渡辺容疑者は無職である可能性が高いため母親の年金で生活していた

可能性もあります

2016年に渡辺容疑者は母親が住む自宅であるふじみ野市に移り住んだそうです。

そして無職であるため、生活費・介護費の捻出が必要だったと考えられます。

自治会の集金に対しても介護をしているからという理由でつっぱねています。

これは、金銭的な理由だったのではないかという見方もできます。

動機は母への愛?

近所の証言によると親思いの子だったと印象があるようです。

独身で仕事もない男性が、残る家族は母親だけだったことから

たった一人の肉親である母親をなくしたくない気持ちがあったのでしょう。

無理難題多すぎた在宅介護

病院でもモンスターっぷりを見せていた

周りの患者よりも先に自分の母親を診て欲しい(診るのが当たり前)
→自分が待ちたくなかった?母親の負担を考えて?
・治療方針に口出しし抗議の長文
→副作用を理解していない、肺炎に関しての知識不足
胃カメラ担当者変更訴え
→家族付添で現場まで胃カメラ検査についてきた?
胃カメラ検査が何時間あると思うのか、担当を変えろとは難しい問題

渡辺容疑者は、母親の衰えで食が細くなっていくことに耐えられず、

母親に胃ろう(お腹に穴を開けて栄養を入れる方法)をしてくれと求めていたようです。

しかし鈴木医師は母親が高齢であり今後の本人の希望などを考慮し

渡辺容疑者に対し反対したようです。

ここで、鈴木医師は家族の意見に対しきちんと意見を言える

まっとうな医師であったことがうかがえます。

スポンサーリンク

最後は鈴木医師に蘇生を命じる

最終的には死後1日経過した母親の心肺蘇生を医師に命じます。

医療業界にいる僕がこれを声を大にして言いたいです。

できるわけがない、と。

藤原容疑者の与えた地域への影響

1.地域を恐怖に陥れた

今回付近の住民は夜中に避難しており、小学校は休校になっています。

近隣50世帯110人が避難をしています。

このコロナがささやかれる時代に同じ場所に待機していたのです。

2.地域医療を崩壊させた

引越先では、訪問診療を受けることにしています。

その新しい主治医が今回殺された鈴木純一医師だったのです。

鈴木医師は人徳溢れる貴重な診療も行う在宅医でした。

300人の患者さんを診て回っていたということなので、

300人の患者さんが命を縮めてしまうといっても過言ではありません。

在宅診療
自ら病院へいくことができないがん終末期、難病、障害の患者を訪問診療し治療診断を行う。
診断を元に看護や介護へつなげていく。

3.訪問診療・看護・介護・ヘルパーのなり手が減少

この事件をきっかけに、そもそも他人の自宅に1人で行くことが多い訪問系の職種。

この事件をきっかけに在宅医療や介護を支えるスタッフのなり手が減ってしまう可能性があります。

純粋な気持ちで在宅でみている家族に取っての不利益を生み出します。

僕も医療に携わるものとして、純粋に医療行為ができないことは

患者の不利益につながると思います。

スポンサーリンク

4.猟友会に対して世間の目が「銃の取り扱い」のみフォーカスされる

今回、散弾銃の使用だったことから猟友会に向けての

銃の保管方法がフォーカスされてしまいました。

普段きちんとお仕事をしている猟友会の方にも疑いの目や厳しい意見もありました。

スポンサーリンク

まとめ

埼玉県ふじみ野市で起きた猟銃立てこもり事件。

そもそも無理難題が多すぎたと話題でありそもそもの渡辺容疑者の人間性が

疑うことしかないこともありました。

そして事件の動機は黙秘を続けていることから憶測ではありますが

年金が欲しかった説と、母親への執着が予想されています。

撃たれたPTのスタッフや他のスタッフ、地域の方の心や体の回復を願います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる