MENU

「ヒヤマケンタロウの妊娠」が気持ち悪いと言われるその理由3つ!

「ヒヤマケンタロウの妊娠」が気持ち悪いと言われるその理由3つ!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
スポンサーリンク

「ヒヤマケンタロウの妊娠」は男性が妊娠・出産をするようになった世界での話です。

突然の妊娠に悪戦苦闘する桧山健太郎とその周囲の人々を描いた社会派コメディです。

しかしこの「ヒヤマケンタロウの妊娠」について検索すると気持ち悪いと表示されます。

いったいなぜなのでしょうか。

  1. 設定が受け付けない
  2. 妊娠中のトラブルがリアル過ぎる
  3. 痛い所突かれる感じがしてしまう

キャストはこちらです。

スポンサーリンク
目次

「ヒヤマケンタロウの妊娠」が気持ち悪いと言われるその理由

1つ目:設定が斬新すぎて生理的に受け付けない

妊娠→出産を男性が行うということが、

概念としてどうしても受け付けないという意見もあります。

男性の方が嫌悪感があるようですね。

女性は「このような社会になって欲しい」という意見もありながら

嫌悪感を示す意見は今のところみられていません。

しかし、Twitter上ではかなりの割合で肯定的な意見が多くみられました。

2つ目:妊娠中のトラブルがリアル過ぎる

斎藤工さん演じる桧山が妊娠するというストーリー上、

妊娠中のトラブルの描写が多く出てきました。

母乳・乳★の肥大化・腹部の出っ張り・げっぷ・嘔吐・・・

男性がそれを演じると生々しく感じてしまうかもしれませんね。

見たくないという人もいるようです。

特に男性の乳首から母乳が出てくるのは受け付けない人もいます。

自分が赤ちゃんだったら・・・と想像してしまうようですね。

しかしこれは妊娠した女性誰しもが多かれ少なかれ経験していることなので男女入れ替わっただけの話。

とはいっても、男性に置き換わった瞬間に嫌悪感が出てしまう人もいるでしょう。

スポンサーリンク

3つ目:痛い所突かれる感じがしてしまう

「ヒヤマケンタロウの妊娠」では妊娠する人の立場が、

逆になることによって目をそむけたくなる人もいるはず。

  • マイノリティが注目されてしまうこと
  • セクシャルな部分で女性に課される問題が大きいこと
  • 女性が子育てしながら普通に行えると思われているが男性だと難しいこと
  • 妊娠出産が当たり前だと思われていたこと
  • 男性が妊娠となると諦める人が多いのでは?と思わせたこと
  • 今まで子どもを可愛がるだけだったのに、自分が産むとなると話しは違うと感じること

このように突かれたら痛い部分をかなり刺激してきます。

特に男性は、今まで他人事(女性ごと)だった内容を考えざるを得ないため

自分の中の偏見や女性側に知らず知らずのうちに頼っていた事実に気付かされます。

実際観ている側も

「そうそう、そういうの言われるよね」

と納得する部分が多く存在します。

スポンサーリンク

まとめ

Netflixの「ヒヤマケンタロウの妊娠」について検索すると

「気持ち悪い」というワードがセットで表示されます。

その理由は以下の3つです。

  1. 設定が受け付けない
  2. 妊娠中のトラブルがリアル過ぎる
  3. 痛い所突かれる感じがしてしまう

このように、ジェンダーやセクシャリティに焦点が当たる昨今

今までの当たり前を見直すきっかけになりそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる