MENU

アイスリングは冷たくない?保存方法・冷たさ復活方法は?SUOが1番冷たい?

アイスリングは冷たくない?保存方法・冷たさ復活方法は?SUOが1番冷たい?
スポンサーリンク

最近の夏はとても暑いですよね。

気温は高く、記録的な猛暑となっている地域も多いかと思います。

そんな暑い夏に対し、様々な防暑グッズが開発・発売されています。

最近SNSやインターネット上で話題になっているのが「アイスリング」です。

そこで、この記事ではアイスリングはどのように使うと

一番効果を発揮するのかどうかを中心に解説していきます。

 

スポンサーリンク
目次

アイスリングは冷たくない?保存方法を見直してみよう

アイスリングの特徴は、「28℃以下で自然に凍結する」ということが挙げられます。

アイスリングは首に装着して使うようになっており、手軽に暑さ対策をできるグッズとなっています。

しかし、SNS上にはアイスリングが冷たくないという意見もありました。

アイスリングを使用している声の中には、「使用しているけど冷たくない」というものもあります。

挙げられる理由として、

PCMが28℃の物を使用している

アイスリングの温度を下げるときに何を使うか

まず、PCMが28℃の物を使用しているという理由ですが

基本的にアイスリングは凍結する温度が28℃のものと18℃のものと2種類存在しています。

もう1つの理由は、アイスリングの温度の下げ方に関係しているというものがあります。

では、どのようにアイスリングを冷やすと効果的に冷たく感じるのでしょうか?

アイスリングは冷蔵庫保存の時からすでに始まっている!

アイスリングは冷蔵庫や冷凍庫を使って保存することで冷たさを感じやすくなります。

アイスリングは温度を28℃まで下げるとき、水や冷蔵庫・冷凍庫を使って冷やす必要があります。

水で冷やしてもアイスリングの効果は発揮しますが、

より冷たさを感じたい場合は冷蔵庫や冷凍庫を使用し冷やす必要があります。

では、具体的に冷蔵庫や冷凍庫でどのように冷やすと効果的か説明していきます。

https://twitter.com/JIBURl/status/1543112235752763393?s=20&t=vb1dVFukkSl2Z69KYRh8XA

冷凍庫出しで約1時間持つ

まず、1つめの効果的な方法は「冷凍庫から出して1時間ほど待つ」というものです。

冷凍庫で冷やすことにより、

急激にアイスリングの温度が下がり中のジェルが凍結するためより

冷たさを感じることが可能になっています。

しかし、冷凍庫から出してすぐ使おうとすると冷えすぎているため、

冷凍庫から出して1時間ほど待つ必要があります

冷凍庫に入れてみるとどうなる?

アイスリングは冷凍庫に入れると冷蔵庫や水で冷やした時と同様に中の液体が凍結するようになっています。

冷凍庫の方が温度が低いため、水や冷蔵庫よりも早くアイスリングが冷える傾向にあります。

【ここにTwitter挿入】https://twitter.com/piko113/status/1541779811856969730?s=20&t=vb1dVFukkSl2Z69KYRh8XA

冷凍庫の場合10分程度入れておくとアイスリングは凍結するようなので、

素早く使用したい時に冷凍庫を利用すると良いかもしれません!

スポンサーリンク

冷たくないときのアイスリング冷たさ復活・対処方法

アイスリングを装着して長時間外出すると、途中で冷たくなくなってくる場合があります。

外出先では冷蔵庫や冷凍庫は中々ありません。

では、外出先でアイスリングの冷たさを復活させる方法はどのようなものがあるのでしょうか?

流水にひたすらかける

外出先でアイスリングの冷たさを復活させる方法は、

流水を使用してアイスリングを凍結させるというものです。

例えば、公園などの場所には水道があります。

アイスリングは水でも凍結させることが可能です。

流水をかけ続けることで再び使用できるようになります。

水でも凍結させられるのは、再度使用したい際にも便利です。

場面に応じて冷やし方を変えられるのはとてもありがたいですね。

対策:保冷バック+保冷剤で予備を持ち歩く

お出かけする先に水道がない場合もあるかと思います。

また、水で凍結させようとすると時間がかかってしまうことも考えられます。

根本的な対策として、保冷バッグに保冷剤を入れ、

予備のアイスリングを持ち歩くということが挙げられます。

アイスリングをすぐ使える状態で持ち歩くことができるようになります。

アイスリングは品薄で手に入りにくい場合も考えられますが、

予備のアイスリングを持っている方は対策として実施してみるのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

アイスリングのメリット5つ

アイスリングは他の防暑グッズと比較して、どのようなメリットがあるのでしょうか?

1つ目:除菌しやすい

アイスリングは冷たい状態であっても結露しにくいという特徴を持っています。

また、決まった形から変化するわけではありません。

肌触りの良い素材でできているため除菌が簡単にできるようになっています。

首元に装着するため、汗などが付く場合も考えられます。

簡単に除菌・消毒できるという点は大きいメリットではないでしょうか。

乾きやすいため、衛生的ですよね。

2つ目:汗による匂いが発生しにくい

また、上述したようにアイスリングは肌触りの良い素材を使用しているため水をはじきやすくなっています。

そのため、汗が染みこむケースが比較的起こりにくいとされています。

また、アイスリングを使用することで汗をかきにくくなるという点もメリットとして挙げられます。

3つ目:何度も使えるのでコスパが高い

アイスリングは中のジェルや液体を冷やして使う商品の性質上、何度も使えるようになっています。

そのため、最初買ったときは少し高く感じるかもしれませんが

長い目で見るとコスパが高いといえるのではないでしょうか。

4つ目:安全性が高く使える機会が多い

また、危険な物質や機械を持ったものではないため小さいお子さんでも誰でも使用することができます。

具体的には、

・室内での熱中症対策に

子供と公園に行く時に

庭で作業を行うときに

・外でランニングを行うときに

・ペットのお散歩に

・通勤・通学の際に

・自転車に乗りながら暑さ対策に

・部活に行くお子さんに

・スポーツの休息に

などがあります。

様々な場面で持っていると便利に利用することができるものとなっています。

5つ目:子どもも使える

上述したように、機械など子どもが持つと危険なものを含んでおらず

口に入れるようなサイズでもないです。

そのため安心してお子さんの首に付けることができる点もメリットの1つです。

これから暑くなっていく中で、熱中症も心配になる季節になっていきます。

そんな時、アイスリングはお子さんに対しても

有効な防暑グッズであるといえるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アイスリングは冷たくない?保存方法・冷たさ復活方法は?SUOが1番冷たい?

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次