MENU

いしだ壱成の経歴・学歴は?壮絶な子供時代を経て若者のカリスマに!

いしだ壱成の経歴・学歴は?壮絶な子供時代を経て若者のカリスマに!
スポンサーリンク

いしだ壱成さんの経歴や学歴についてご紹介します。

波乱万丈の生い立ちや、

全盛期の活躍、逮捕歴までを追いました。

スポンサーリンク
目次

いしだ壱成の経歴・プロフィール

本名:星川一星
生年月日:1974年12月7日
年齢:47歳(2022年9月現在)
出身地:東京都
身長:177cm
趣味:サッカー パラグライダー 格闘技
特技:英語 楽器 DJ
家族:独身
事務所:株式会社神南所属

東京都世田谷区で生まれた

いしだ壱成さんは東京都世田谷区で生まれました。

ご両親は、

・父親は石田純一さん(俳優)

・母親は星野まりさん(活動家)

です。

石田純一さんは元祖トレンディ俳優。

現在も何かと話題を振りまいています。

星野まりさんは原発反対運動などを行う活動家として知られています。

昔からヒッピー的な思考があったといいます。

石田純一さんと星野まりさんは、

いしだ壱成さんが2歳の時に離婚。

石田純一さんが演技の勉強のためにアメリカへ行ったことが

離婚の原因と言われています。

いしだ壱成さんは星野まりさんに引き取られます。

屋久島で自給自足の生活を送る小学生時代

いしだ壱成さんと母・星野まりさんは、

しばらくヒッピーのような生活を送っていました。

引越してばかりの生活だったといいます。

親戚から「お金がかからない」と薦められた鹿児島県の屋久島に移住。

水道・電気・ガスのない小屋で自給自足の生活を送りました。

いしだ壱成さんは当時の生活を振り返り、

「社会というものは、海の向こう側にある感じだった。」

と語っていました。

もちろんテレビも見たことがなかったといいます。

普通とは違う子供時代ですが、

それを受け入れて生活していたようです。

2年後に電気のある小屋に移住しますが、

台風で全壊してしまいます。

これがきっかけで、東京に戻ることに。

いしだ壱成さんが小学6年生の時でした。

8歳の時に石田純一の存在を知る

2歳の時にご両親が離婚したいしだ壱成さん。

石田純一さんの存在を知ったのは8歳の時だったといいます。

石田純一さんが出演するクイズ番組を見ていたお母様が、

「この人がパパだよ」

と教えました。

それまで父親の顔をよく知らなかったいしだ壱成は、

とても驚いたそうです。

スポンサーリンク

中学校は練馬区立三原中学校

自給自足のサバイバル生活から東京に戻ったいしだ壱成さん。

中学校は練馬区立三原中学校に通いました。

いしだ壱成さんはサッカー部に所属。

積極的に部活動に取り組んだそうです。

しかしお母様の意向により、同中学を休学することになります。

オーストラリアのフリースクールに留学します。

ヒッピーなどのコミューンがある学校だったそうです。

その後、いしだ壱成さんは、

日本の中学校にも高校にも通っていません。

いしだ壱成さんは自ら「実質は小卒」と話しています。

スポンサーリンク

父・石田純一のコンサート会場でスカウトされ芸能界デビュー

きっかけは石田純一との再会

子供の頃はテレビのない生活を送っていたいしだ壱成さん。

そんないしだ壱成さんが芸能界に入ったきっかけは、

石田純一さんでした。

父親を知らずに育ったいしだ壱成さんは、

16歳の時に父・石田純一さんの希望で再会を果たします。

その当時の石田純一さんは、

トレンディ俳優として人気を博していた頃です。

再会場所にフェラーリでやってきたという話は有名です。

石田純一さんは、

「良い子に育ってくれた」

と思い、何も言わずに抱きしめたといいます。

16歳で俳優デビュー

その後、いしだ壱成さんは石田純一さんのコンサート会場で、

テレビ番組のプロデューサーからスカウトされます。

これがきっかけとなり、

ザ・テレビジョン創刊10周年記念ドラマ『悲しいほどお天気』に出演。

16歳で俳優としてデビューを果たしました。

スポンサーリンク

『ひとつ屋根の下』でブレイク

俳優デビューの翌年の1993年、

『ひとつ屋根の下』で大ブレイクします。

両親の交通事故により行き別れになっていた6人兄弟が、

長男の呼びかけによりひとつ屋根の下に戻ってくるというホームドラマ。

・長男:江口洋介
・次男:福山雅治
・三男:いしだ壱成
・四男:山本耕史
・長女:酒井法子
・次女:大路恵美

このような豪華キャストでした。

最高視聴率37.8%を記録した大ヒット映画です。

いしだ壱成さんは不良じみたところがありつつも、

純粋さを持ち合わせている三男を熱演。

一躍脚光を浴びることになりました。

若手実力派俳優として活躍

『ひとつ屋根の下』で一躍有名になったいしだ壱成さん。

若手実力派俳優として活躍します。

・『じゃじゃ馬ならし』(1993年)
・『君といた夏』(1994年)
・『未成年』(1995年)
・『ひとつ屋根の下2』(1997年)
・『聖者の行進』(1998年)
・『リップスティック』(1999年)

このように90年代は多くの話題作に出演しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
いしだ壱成の経歴・学歴は?壮絶な子供時代を経て若者のカリスマに!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次