MENU

【動画】埼京線新宿駅の痴漢アナウンスとは?全文文字起こしでまとめ!

【動画】埼京線新宿駅の痴漢アナウンスとは?全文文字起こしでまとめ!
スポンサーリンク

埼京線新宿駅での駅員さんのアナウンスが今、物議を醸しています。

その内容とは「痴漢をされたくないお客様」という内容で話題になりました。

スポンサーリンク
目次

JR埼京線・新宿駅の「痴漢をされたくないお客様」アナウンスとは?

実際の動画

問題となったのは、

帰宅ラッシュ時のJR新宿駅の埼京線のホームでのアナウンスです。

実際のアナウンス)
防犯カメラは多く設置しておりますが、痴漢は多くいらっしゃいます

痴漢をされたくないお客様は後ろの車両をぜひご利用ください

ところが、このアナウンス内容が広まると

賛否両論話題になりました。

ダイレクトな表現に戸惑う人もいました。

  • この辺の並んでいる男の中に必ずちょっとはいるよというニュアンスにも聞こえる
  • 痴漢してない男にまでキレるの、やめてほしい
  • 女性の自己責任論にもつながりかねない
  • いらっしゃいますって、言ってておかしいと思わないんだろうか?
  • 痴漢する側がいるのは当たり前と言われている気がする
  • 痴漢される側がなんで動かなきゃいけないのかがわからない

反面、肯定的な意見もありました。

  • 根本的に痴漢は鉄道会社のせいではない
  • 今回の駅アナウンスはとても親切
  • 何もしないで痴漢があるよりかは、一応アナウンスしてくれていて、痴漢対策はしてくれているんだなって感じます
  • 鉄道会社さんも色々大変すね…

アナウンスは混雑を緩和するためだった

なぜ、「後ろの車両」へと誘導したのでしょうか。

埼京線はそもそも痴漢の被害が非常に多いそうです。

また、池袋方面に向かう列車の先頭車両を降りたところに階段がある設計。

そこが降りやすいので、そこにみんな集まりがちなようです。

  1. 人が集まりやすい設計
  2. 痴漢がそもそも多い

このような理由からラッシュ時の混雑緩和をしていたようです。

スポンサーリンク

まとめ

埼京線新宿駅での駅員のあるアナウンスが賛否両論ありました。

その内容はラッシュの混雑を緩和させるために

「痴漢をされたくないお客様は~」

という内容を話されたからでした。

今後このような内容で話題にならないように

痴漢が亡くなることを祈ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
【動画】埼京線新宿駅の痴漢アナウンスとは?全文文字起こしでまとめ!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次