【時系列】金井米穀店への営業妨害まとめ!何があった?

【時系列】金井米穀店の営業妨害まとめ!炎上原因は外国人参政権へのツイート

東京武蔵野市にある金井米穀店というお米屋さん。

一見するとのどかな店構え。

それが7月31日にお店の周りにのどかな風景から一気に変わったのです。

Twitterにも「#金井米穀店を守れ」など連日トレンド入りした

経過と理由を追ってみましょう。

目次
スポンサーリンク

【時系列】金井米穀店の営業妨害まとめ

2022年7月22日
金井米穀店がツイートを投稿

外来種と外国人住民投票権の内容

7月29日
ノーヘイト武蔵野が反応
  • 金井米穀店のツイートはヘイトスピーチであると反応
  • プラカードを作成し抗議を呼びかけるツイート
7月30日
金井米穀店前でプラカードを持ち抗議活動
業務妨害であるとネットで拡散

金井米穀店営業妨害の原因となったツイート

侵略的外来種という存在を知ると、いま人間社会でも同じことが起こっていることに気づく。昨年末、武蔵野市で議論された外国人住民投票権、もし可決されていたらと思うと背筋が凍る

武蔵野市では、昨年末外国人へ住民投票権を認める条例が市議会で否決されていました。

このツイートは当時全体公開されており、

一般の人からも見ることができました。

現在は金井米穀店はツイートを非公開にされています

ノーヘイト武蔵野がこのツイートに反応する

金井米穀店のツイートに反応したのが「ノーヘイト武蔵野」でした。

金井米穀店のツイートは外国人を「侵略的外来種」とたとえたと反応しています。

ヘイトスピーチとは

 特定の国の出身者であること又はその子孫であることのみを理由に、

日本社会から追い出そうとしたり危害を加えようとしたりするなどの一方的な内容の言動。

それらを一般に下記のような内容で「ヘイトスピーチ」と呼ばれています。

  • 「○○人は出て行け」、「祖国へ帰れ」など 排除をあおるもの
  • 「○○人は殺せ」、「○○人は海に投げ込め」など 危害を加えようとするもの
  • 特定の国を著しく見下すような内容のもの

それが故に金井米穀店のツイートはヘイトスピーチかどうか、

言論の自由である範囲ではないかなども議論とされました。

30日に実際プラカードで抗議活動実行される

「TOKYO AGAINST PACISM」と書かれたプラカード。

数人の姿が見えます。

数名がプラカードを持っていますね。

報道人と思われる人やスマホを持つ人もいました。

https://twitter.com/Bfvx5Ba/status/1553204516006535168?s=20&t=zS5NmFRDsaKL9kU8vwMVhw
スポンサーリンク

ノーヘイト武蔵野は8月にも抗議活動を行う予定

こちらの団体なのかはわかりませんが、

金井米穀店のGoogleでの店舗評価が一時的に

この騒動から星1つの評価が一気に増えました。

その後金井米穀店を支援する人たちで再び口コミは元の数値に戻りつつあります。

しかし結果として応援する人たちのおかげで、

知名度が高くなった金井米穀店は売り上げを伸ばすこととなるのです。

既に迷惑行為として警察にも通報してある模様です。

なぜか武蔵野市長が両者をフォロー

スポンサーリンク

まとめ

金井米穀店への抗議活動がなぜ行われているのかまとめでした。

ことの発端は金井米穀店が全体公開した外国人の投票権を巡ったツイート。

それに反応したノーヘイト武蔵野という団体が、

7月30日にプラカードを持って金井米穀店前で抗議活動を行いました。

その関係で現在ネット上でも話題になっていますが、

騒動はいつ終息を迎えるのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
【時系列】金井米穀店の営業妨害まとめ!炎上原因は外国人参政権へのツイート

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次