清原果耶の演技が暗いと言われる理由3つ!役のイメージと清楚過ぎる見た目?

清原果耶の演技が暗いと言われる理由3つ!役のイメージと清楚過ぎる見た目?

清原果耶さんの演技が暗いと言われているようですが、

なぜそのような意見があるのでしょうか。

清原果耶さんの過去の作品を振り返りながら、

その理由を探っていきたいと思います。

目次
スポンサーリンク

清原果耶(きよはらかや)の演技が暗いと言われる理由3つ

1つ目:役柄のイメージ

あさが来た

出典元:NHK

 

清原果耶さんのデビューは、

2015年のNHK朝ドラの「あさが来た」です。

当時まだ13歳だった清原さん。

朝ドラのオーディションを受けて落ちてしまいましたが、

別の役で声をかけられて出演が決まったそうです。

 

出典元:クランクイン

 

このドラマで清原果耶さんは「ふゆ」という女性の役を、

15歳~20代後半まで演じました。

この時はまだ女優業に慣れていなかったこともあり、

暗いとかいうよりも、

演技が下手。

という印象を持たれてしまったようです。

まだ13歳で経験も浅かったので仕方ないかなと思います。

 

 

 

透明なゆりかご

出典元:マイナビニュース

 

2018年NHKドラマ「透明なゆりかご」では、

注意欠陥多動障がい(ADHD)の難しい役を演じ、

その凜として透明感のあるルックスも話題になりました。

しかし重いテーマであるドラマの主人公だったため、

どうしても演じる側も暗い演技になります。

 

ADHDは生まれつきの脳の障がい。
注意力散漫で、不注意や多動性があり、
衝動的な行動に出てしまうこともある。
好きなことには集中できる人が多い。

 

出典元:まんたんウェブ

 

命をテーマにしたドラマだったため、

感動と共に毎回重い気持ちになってしまう人もいて、

それが主人公である清原果耶さんの印象にも

結びついてしまったのかもしれません。

ドラマの評価はとても高かったようです。

 

 

スポンサーリンク

 

なつぞら

出典元:リアルサウンド

 

その後2019年放送のNHK朝ドラ「なつぞら」で、

清原果耶さんは再び朝ドラに出演をしています。

この時のヒロインは広瀬すずさんで、

広瀬さんの生き別れた妹である奥原千遥役でした。

暗い過去を持っている役だったため、

この「なつぞら」の演技は視聴者から、

演技が全体的に暗い。

という意見がありました。

おかえりモネ

出典元:ORICON NEWS

 

そしておそらく暗いと言われるようになった、

1番の理由のドラマが「おかえりモネ」だと思われます。

2021年の朝ドラ「おかえりモネ」で永浦百音役で

ヒロインを務めたのですが、

またまた暗い役を演じることになってしまいました。

 

永浦百音は自己主張をあまりせず
感情をあまり出さない役でした。

 

「おかえりモネ」のストーリーは、

東日本大震災をテーマにしていたため、

脚本が暗めだったこともあります。

 

出典元:ヤフーニュース

 

ずっと同じようなトーンで話す演技が、

朝から暗い気持ちになる。

朝ドラのヒロインは明るい方がいい。

などとその暗さは視聴者にも伝わるほどだったようです。

 

スポンサーリンク

 

2つ目:表情があまり変わらない

出典元:サンスポ

 

清原果耶さんの演技についての評判ですが、

どんなドラマや映画でも同じような表情の演技で、

暗い感じがするという意見がありました。

おそらく暗い役が多いので明るい表情の演技が、

少ないせいだと思います。

 

出典元:中日新聞web

 

顔で感情を表したりする役ではないので、

どうしても同じような表情で演技をすることになり、

いつも同じ表情をしている。

表情のバリエーションが少ない。

という意見もみれられました。

 

 

3つめ:見た目が地味

出典元:クランクイン

 

清原果耶さんのルックスは派手ではないものの、

とてもかわいらしく清楚な印象があります。

しかし朝ドラヒロインなのに華がないという、

厳しい声も聞こえてきました。

 

出典元:ORICON NEWS

 

しかし華がない女優さんが売れないかというと、

そうではないと思います。

見た目が地味な女優さんだからこそいろんな役で使われて、

息の長い女優さんになれたりします。

雰囲気が暗い女優さんほど色んな役をこなせる人が多いので、

女優としての幅も広がる可能性もありますね。

 

 

出典元:リアルサウンド

 

清原果耶さんは「Seventeen」でモデルをしていた時代があり、

その時は明るい性格だったと言われています。

ドラマの役の性格に合わせているうちにそっちへと、

気持ちが引っ張られた時期もあったかもしれません。

 

出典元:マイナビニュース

 

実際はよく笑う明るい普通の女の子のようです。

また暗い演技をする清原さんに、

視聴者が慣れてしまったのか、

明るい演技はあまり上手ではない。

と感じる人もいるようです。

演じた役によって持たれてしまったイメージは、

なかなか抜けないようですね。

 

スポンサーリンク

 

演技の評価は高い

出典元:スポニチ

 

清原果耶さんの演技は多くの方から高い評価を得ていて、

女優として多くの賞も受賞しています。

 

  • 2019年東京ドラマアウォード「主演女優賞」
  • 2019年日刊スポーツ映画大賞「新人賞」
  • 2018年コンフィデンスアワード・ドラマ賞
    「年間大賞」「新人賞」
  • 2020年エランドール賞「新人賞」
  • 2021年第45回日本アカデミー「最優秀助演女優賞」
  • 2021年毎日映画コンクール「女優助演賞」
  • 2021年日刊スポーツ映画大賞「助演女優賞」

 

第34回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞」は、

初の10代および史上最年少19歳での、

助演女優賞の受賞となりました。

清原果耶さんは暗い役を演じる時の表現力や、

内から出る感情を抑え込む役が上手だと言われています。

 

出典元:モデルプレス

 

特に「透明なゆりかご」の清原さんの演技に、

心を打たれて涙した人も多かったようです。

まだ20歳という若さなのでこれからさらに

変化していく可能性を十分に秘めていて、

今後も様々なドラマや映画で、

活躍するのではないでしょうか。

 



スポンサーリンク

 

まとめ

清原果耶さんの演技が暗いと思ってしまうのは、

演じてきた役のイメージが強かったことと、

暗い役が多いのが理由のようです。

でも確かな演技力と存在感で、

これからの活躍が期待されること、

間違いなしだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
清原果耶の演技が暗いと言われる理由3つ!役のイメージと清楚過ぎる見た目?

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次