MENU

松本杏奈炎上理由まとめ!Twitter削除!レビューに酷評されるがデマ疑惑も!

松本杏奈炎上理由まとめ!Twitter削除!レビューに酷評されるがデマ疑惑も!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
スポンサーリンク

徳島県から名門のスタンドフォード大学へ現役合格した松本杏奈さん。

その内容を自伝として出版されました。

「逆境からの逆転」というエピソードを挙げますが、

その内容を評価したAmazonレビューが炎上のきっかけとなりました。

スポンサーリンク
目次

松本杏奈炎上の理由まとめ

名前:松本杏奈(まつもとあんな)
生年月日:平成15年4月4日生(18歳)
出身:徳島県徳島市(2021年3月)徳島文理高等学校を卒業(2021年9月~)
米国スタンフォード大学に進学[機械工学・プロダクトデザイン専攻予定]
座右の銘:強行突破

ここで、現在までの動きを時系列でみてみましょう。

STEP
2021年4月:スタンドフォード大学に入学

徳島文理高校を卒業後アメリカスタンフォード大学へ

STEP
4月22日:「夢をつかむ」発売
  • 「金なし、味方なし、英語力なし」と唄った内容
  • 地方からスタンドフォードへ入学という内容で注目を集める
STEP
4月23日:発売後すぐにAmazonのレビューに注目が集まる
  • 12000文字にわたるAmazonでの内容批判レビュー
  • 批判レビューの方に支持が集まる
STEP
松本杏奈がAmazonに開示請求
  • ネットでレビュー内容拡散
  • レビュー内容に関しての本人の発言と照らし合わせ注目が集まる
  • レビューをみて松本杏奈の自伝に対しての炎上広がる
    (主な炎上理由:恵まれているのに「何もない」売りをするなと言う内容)
STEP
松本杏奈Twitterアカウント削除
  • 同じころ友人とみられる人物から擁護ツイート
  • 受験までの道のりを掲載したツイート削除
STEP
5月5日:「松本杏奈さんを救う会」Twitterスペースが開催される
  • 内容は批判と肯定の半々
  • 日本人は不幸自慢が好きだから不幸売りをすべきではなかったとの意見

松本杏奈さんがこれまで歩んできた人生や夢を掴んだ力について記した著書、

『田舎からスタンフォード大学に合格した私が身につけた 夢をつかむ力』が2022年4月22日に発売されました。

すると、たちまちAmazonレビューに低評価のすさまじいレビューが投稿され

本の中身と本人の生い立ち環境が合わないと投稿されました。

そして、松本杏奈さんの本の中身ではなくレビューの方に注目が集まり

本の中身と合ってないと炎上することとなりました。

問題のAmazonレビュー

caposomaさんという投稿者が12000文字にもわたり

このように私怨とも思われるレビューが投稿されていたのです。

(当該レビューは既に削除済み)

内容を抜粋すると

  • 父親という東大卒の名誉教授の味方がいる(普通の家庭にない環境)
  • 私立一貫校に通っているのにお金なしとは言わないで欲しい
  • 大学の見学に行くお金やコネがあるではないか
  • 医学部を勧める親がいるだけで自分を不遇の立場に置かないで欲しい
  • 英語できないっていうけど、できないわけない
  • 周りのサポートが厚すぎる

この内容を受け一般の人たちも本を読んだ上で

松本杏奈さんが「発想の転換と行動力」と語るにはレビュー同様、

著者である松本杏奈さんがそもそも元々恵まれすぎていると炎上しました。

このほかにもレビューに対しこのような意見がみられています。

  • レビュー自体が読みごたえがあった
  • レビュー通りの印象や意見を持った
  • たしかに「何も持ってない」と語るには恵まれすぎている
スポンサーリンク

投稿したcaposomaとは?

レビューの内容から、かなりの詳しい内容を知っていることがうかがえます。

投稿者であるcaposomaさんは松本さんと面識のある”近しい人物”だと推測されています。

そしてTwitterでは、このレビュー者の特定をしようとする動きが高まりました。

レビュー内容にデマが含まれていた可能性もある

このレビューによりTwitterでは大量の誹謗中傷を含む炎上騒ぎとなりました。

すると松本杏奈さんの友人がレビューは事実と異なることを発信

松本杏奈さんはAmazonレビューに開示請求をしました。

騒ぎは収束しないまま松本杏奈さんはTwitterを削除。

故に、松本杏奈さんが伝えたかったことと読者が受け取る印象が異なることがあっても

誹謗中傷するということは違います。

意見として発信したとしても、人物への誹謗中傷は決して行ってはいけないことです。

恵まれた環境であることは否定しませんが、

その環境を使ったとして何人の人がスタンドフォード大学に入学できますか?といったところです。

スポンサーリンク

松本杏奈の何が炎上のきっかけになってしまったのか

味方なし・お金なし・英語力なし

このようなキャッチコピーで奮闘されている様子が描かれています。

前述しましたが、家庭環境も家柄も良い方で地頭が良いということが

読者の期待を裏切ってしまったようです。

これらは内容を読めば誇張されているのかなと感じます。

元々のスタートが一般の人より高いということで、

0から1にしたというよりは1から100になったという感覚でしょうか。

読者としては貧乏田舎育ちを想像していた人たちが本を読んでがっかりしたという内容です。

スポンサーリンク

酷評に厳しすぎではないのかという声も

他にも、Amazonレビューが厳しすぎるのでは?といった擁護の声も多くありました。

18歳の女の子に、これから将来をはばたく日本人に厳しすぎやしませんか・・・

スポンサーリンク

逆転売りで有名になった後に炎上した有名な人

小林さやか(ビリギャル)

遊んでばかりで勉強をしない女子高生小林さやかさん。

学力は小学校4年生レベルでしたが、

小林さやかさんは第一志望としてトップレベルの大学を宣言し、

塾講師の男性は巧みな指導で彼女のやる気を引き出し、

徐々に本気にさせ合格に導いたサクセスストーリーです。

あの林修先生も批判していた

林修先生は、番組内でコメントをしたくないと言いつつもはっきりと否定しました。

僕はハッキリ言ってまったく感動していません。

理由は以下の通り。

  • 『ビリギャル』の主人公が受験した「慶応SFC」は「受験科目が英語と小論文のみ
  • そこだけ訓練すれば、数人に1人程度は合格できる

そもそもビリギャルが在籍していた高校は中間一貫校で“偏差値が高く

進学校内の落ちこぼれ”で地頭の良い子であることから

煽るようなタイトルで完全なビリギャルじゃないと批判もありました。

高3になる頃には百数十万円を前払いしなければいけない

「無制限コース」で勉強していた噂もあったことから

金銭的に恵まれている家庭しか実現できないことも批判の対象となりました。

しかし、小林さやかさんがその後メディアで派手な見た目から一転して

就活生や今頑張っている人たちへのメッセージを絶えず発信し続けたことで

人柄が良いことでどんどん小林さんへの好感度はまた上がったのです。

スポンサーリンク

上野千鶴子

日本のフェミニズムを牽引してきた社会学者で東京大学名誉教授を務める上野千鶴子さん。

「平等に貧しくなろう」という主張をする傍ら

実際の生活は上野氏が外車であるBMWを愛車、眺望良好なタワーマンション、別荘にも行き来しています

過去に出演したテレビ番組での一コマを取り上げ、

その自身の主張と実際の暮らしぶりがまったく矛盾していました。

自分自身はかなり裕福な生活をしているとネット上で指摘され、一種の炎上状態となりました。

しかし、鶏が先か卵が先か・・・貧乏な生活もされていたでしょうし

年齢を考えると30.40代がするような生活はできないでしょう。

お体の負担を今まで稼いだお金で解決することは自然なことな気がします。

吉野敬介

1つ下の弟さんを交通事故で亡くしてから家族は崩壊気味になり

高校の時は喧嘩は日常茶飯事で鑑別所まで入っていたとのこと。

しかし猛勉強の末に國學院大學に入られ有名塾講師になった・・・

というサクセスストーリーは有名です。

しかし吉野先生が在籍していた高校は逗子開成ということで

普通に地頭良すぎる

と話題になりました。

逗子開成といえば偏差値67(2022現在)で有名です。

しかし、Twitterでは吉野先生が在籍していた当時は偏差値40程度だったのではないかと言われています。

真偽はわかりませんが俗にいうヤンキー校であったのなら

大学受験を決意したこと自体すごいですよね。

スポンサーリンク

まとめ

松本杏奈さんの著書である「田舎からスタンフォード大学に合格した私が身につけた 夢をつかむ力」

について炎上した理由や経過をまとめました。

他にも逆転売りしていた有名人も吉野敬介先生・小林さやかさん・上野千鶴子さんをご紹介しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる