ミミポポの乳がんは嘘・詐病と言われる理由は?民間療法の内容と時系列まとめ!

YouTuberで有名なミミポポさんは乳がんを患っており余命宣告も受けたことがあるそうです。

しかしそれは嘘・詐病ではないかという噂もあります。

しかしミミポポさんは民間療法も行っておりその内容も時系列もブログやYoutubeで報告されています。

そこでミミポポさんの乳がんの経過について、

  • ミミポポの乳がんは嘘・詐病と言われる理由
  • 民間療法の内容と時系列まとめ

この2つを詳しく調べてみました。

目次

ミミポポの乳がんは嘘・詐病と言われる理由は?

最近よくYouTube動画であるのが「不幸動画」というのでしょうか。

自分の不幸話を延々としている、謎の動画が増えてきています。

  • 親友に婚約者をとられた。
  • 旦那の不倫で裁判中。
  • 闘病中。
  • 借金地獄。
  • 死別した…など。

 

そういった不幸を話す人生どん底のような動画は、

実はとても再生回数が稼げて、収益にも繋がるので人気です。

しかしこのほとんどが作り話だと言われています。

最近はそういうやらせ動画に、気づいている人も多くなってきました。

そんな中で闘病という嘘をついて、

ミミポポさんも再生回数稼ぎをしているのではないか。

詐病なのでは?

という声もあるようです。

ミミポポさんが詐病

と言われる理由はいくつかあるようです。

余命2ヶ月といわれた後も生存していること

医師も予測がつかないような奇跡的な回復力で、

今も元気な姿でYouTubeを続けているミミポポさん。

元気なミミポポさんをずっと見れるのは、
患者家族にとって励みになるしとっても嬉しい!

その姿があまりに元気なため、

嘘っぽいと思う人もいるのかもしれません。

実際には体調があまりよくない時もあったり、

副作用で辛そうなときもあります。

圧倒的なルックスであること

ミミポポさんはとてもかわいい方です。

恵まれたルックスは、

一般人とは思えないほどお綺麗です。

タレントやモデルを使った
嘘の話なのでは?

と疑う人がいるのも無理はないでしょう。

骨転移が全身に広がって寝たきりからの歩行可能になっていること

ミミポポさんは全身に広がったがん・骨転移の影響で歩行ができませんでした。

こちらはYoutubeやブログにも掲載されていますが、

足の筋肉も衰えており実際に歩行が難しかったんだろうなという状態。

ところがこの足の様子など考慮できない一部の視聴者からは

いつのまにか歩いてるなんて変じゃない?

詐病だったの?

と言われてしまう結果に。

しかし動画を観た方はわかるかと思いますが、

ミミポポさんはしっかり退院後もリハビリの先生と一緒に歩行訓練を行っていました。

一本杖からつかまり歩行になったことも、小さな一歩に喜ぶ姿が印象的です。

手術をせずに花咲乳がんが消滅したこと

ミミポポさんのリアルながん治療の経過を見て、

同じように闘病している人はかなり勇気をもらっているようです。

民間療法の内容と時系列まとめ

ミミポポの治療方針は?

ミミポポさんは26歳の時に、

乳がんの告知を受けています。

当時は小さな初期の乳がんでした。

しかし標準治療と言われる、

「強い抗がん剤の治療」「手術」もせずに、

民間療法を中心にがんと戦い続けています。

「色彩療法」で実際にがんが小さくなったりして、

色んな民間療法で数年が経ったのですが、

30歳の時にそのがんが悪化し始めました…

花咲乳がんとなったみみぽぽ

その時は突然やってきて、

外出先で大きくなっていた腫瘍から、

急に滲出液が大量に出てきたというのです。

その状態でも手術を選択しなかったミミポポさんは、

そこから4年後の30歳の時に、

「花咲乳がん」になりました。

 

花咲乳がんとは

乳がんのしこりが乳腺内にとどまらずに、
皮膚を突き破って表面に出てきている状態のことを言います。
正式には「皮膚浸潤」と言われています。

 

握りこぶしより大きい腫瘍が飛び出た状態で、

時に大量出血で輸血を受けることもあったそうです。

その腫瘍の痛みは内側からナイフで、

何度も刺されているような痛みだったと言います。

 

 

痛み止めも体によくないと思っていて、
なんと痛み止めも飲まずにやり過ごしていたそうです。

 

大きくなりすぎた腫瘍で、

手術も難しい状態と言われ、

そこから全身骨転移で動けなくなり、 

余命2ヶ月の宣告を受けます。

34歳の時に病院での治療をすることを決意しました。

 

ミミポポが試した乳がん治療(標準治療・民間治療)まとめ

ミミポポさんは2011年の26歳の頃に乳がんだと診断されています。

そのころは乳がんステージ0でした。

ステージ0
がん細胞が粘膜内(上皮細胞内)にとどまっておりリンパ節に転移していない状態

コロイドヨード(2016年)

西洋医学の「コロイドヨード」を、

ミミポポさんは33歳の時に知ります。

普通の細胞には攻撃をしない副作用の少ないお薬だそうです。

しかし残念ながらミミポポさんには効きませんでした。

テラヘルツ治療(2018年12月)

腫瘍はどんどん大きくなり、

次は「テラヘルツ治療」をすることになりました。

すると10日で腫瘍が溶け始めたのです。

テラヘルツ治療を2ヶ月続けましたが、

腫瘍の匂いが強くなり出血もひどく、

次第に大きさの変化もなくなってしまいました。

Black Serve:ブラックサーブ(2018年12月)

次にみみぽぽさんの母のパートナーが、

すすめてくれた塗り薬の治療薬「Black Serve」を始めました。

アメリカで行われている治療らしく最初はあまり信用できずに避けていたようですね。

これを飛び出たがんに直接塗ったところ、

かさぶたのようになって、がんがポロリと落ちていきました。

良くなっているかと思ったもののがんは中で進行していて、

ミミポポさんは次第に歩けなくなっていきます。

ブラックサーブは元々癌治療に作られた物でないようです

ブラックサーブは癌を予防もしくは治癒、治療するとの科学的根拠はないそうです。
こちらのクリニックのページで詳しく説明されています。

余命宣告(2019年)

結果としてミミポポさんはこれらの治療が効かず余命宣告を受けることに。

  • コロイドヨード
  • テラヘルツ
  • ブラックサーブ

寝たきりになってしまったミミポポさんでした。

ホルモン治療(2019年)

余命宣告をされたミミポポさんはこのとき34歳。

寝たきりだったときに胸の花咲乳がんからの大量出血で救急車で緊急入院をしたそうです。

「ホルモン治療」を開始しました。

この時は「Black Serve」も並行してやっている状態でした。

腫瘍は小さくなっていったのですがホルモン治療の効果がだんだんと薄れていきます。

イブランス(2020年1月)

ミミポポさんが34歳のときに抗がん剤の一種である

「イブランス」という新薬を、ホルモン治療と一緒に並行して進めています。

結果、一気に腫瘍は小さくなっていきました。

「Black Serve」の塗り薬も変わらず続けていました。

「イブランス」が高い効果を発揮したようですね。

西洋医学だけではなく標準治療も受けて、

治療が偏らないことも大切だと、ミミポポさん自身も感じたようです。

この治療の後2ヶ月後の3月ににミミポポさんは胸水がなくなり、5月には肺転移も消滅しています

肝転移が発覚で再び余命宣告

内服抗がん剤TS1で治療(2022年5月)

やがて「イブランス」も効かなくなってきて、2022年に肝臓へのがん転移が発覚します。

そこで「イブランス」に変わって、「抗がん剤TS1」の服用を始めました。

最初は腫瘍マーカーも下がり、経過は順調と思われましたが、

副作用が出てきて服用をやめることになりました。

また「TS1」の効果もあまりなく、肝転移が広がっていったのです。

肝臓への転移で再び余命宣告

余命宣告時にも肝臓への転移は確認されたようです。

このときには肝臓への転移が一気に広がっていたようです。

丸山ワクチンで治療へ(2022年10月)

肝転移があっても特に痛みなどの症状はないので、

現在元気に過ごせているミミポポさん。

抗がん剤を使うと悪い細胞を攻撃すると同時に、

いい細胞にもダメージを与えてしまいます。

現状は強い抗がん剤を使わないといけない状態。

と主治医に言われましたが、

ミミポポさんは抗がん剤治療を拒否しました。

  • 治療のために生きたくない。
  • 強い抗がん剤を使用すると、
    体が弱ってしまう。
  • 強い抗がん剤を使用しても、
    余命は年単位と言われた。

 

ここでミミポポさんが選んだ治療法は「丸山ワクチン」です。7

「丸山ワクチン」は希望者が治験として受けることができる特別な治療法になります。

 

丸山ワクチンについて
  • 標準治療と並行してできる。
  • 直接がんを殺す効果はない。
  • その人の持っている免疫力を高める効果がある。
  • 副作用はほとんどない。
  • 自覚症状の改善が図れる。
  • 有償の治験薬である。
  • 皮下注射を2日に一回打つ。
  • 自己注射は認められていない。
  • 40日分で9000円(税抜き)

丸山ワクチンの治療を受けるには? 

希望すればだれでも受けることができますが、

日本医科大学へ書類を送らないといけません。

その書類を書いてくれる医師を探すことが必要となります。

 そして自分で注射をすることはできません。

訪問看護師や訪問医を探すか、

同意してもらえる病院へ、2日に1回通うことになります。

ミミポポさんはもともと、担当の訪問看護師さんがいるので、

その看護師さんが医師から指導を受けて、家に来て注射をしてくれるそうです。

効果が出るのは3ヵ月くらいからなので、

今はまだミミポポさんは、「丸山ワクチン」の効果はわからない状態です。

ただ標準治療を完全に否定しているわけではなく、

場合によっては今後標準治療も考えているそうです。

やなせたかしさんの奥様も余命3ヶ月の状態で、
丸山ワクチンを使用し6年生存されたとのことです

 

丸山ワクチンについては、ひろゆきさんもYouTubeで語っています

まとめ

ミミポポさんの乳がんは詐病ではなく、

実際にミミポポさんは今も闘病中で、

日々がんと闘っていると思われます。

これから先治療の効果が出て、

がんが消滅していくことを心より願っています。

花咲乳がんは詐病?民間療法でがんが消えた?丸山ワクチンとは?

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次