脳梗塞・脳出血になった女性芸能人11人!症状や現在の後遺症は何?

脳梗塞になった芸能人女性11人!記憶がない?症状や現在の後遺症は?

脳梗塞になった芸能人は多く、

女性芸能人でもたくさんの方が

脳梗塞で倒れたりしています。

そんな恐ろしい脳の病気にかかった、

芸能人の女性11人についてまとめてみました。

目次
スポンサーリンク

脳の病気になった芸能人女性11人

1人目:磯野貴理子

出典元:朝日新聞デジタル

 

磯野貴理子さんは2014年、

50歳のときに脳梗塞になりました。

その日は出演する芝居の稽古だったので、

現場に行く日でした。

 

 

しかし集合時間になっても、

磯野さんが現場に現れなかったのです。

当時の磯野さんの夫が、

家に様子を見に帰りました。

 

発症当時の状況は?
  • 夫に「仕事じゃないの?」と起こされる。
  • リハーサルであることに気づいて、用意をするものの、
    何をもっていけばいいのか、頭の整理ができない。
  • そのことを夫に喋って伝えると、ろれつが回っていないと指摘される。
  • 自分では普通に話してるつもりだった。
  • 変に思った夫が救急車を呼んだ。

  

出典元:NEWSポストセブン

 

磯野さんにはその時自覚症状があまりなく、

二日酔いで頭がぼーっとする感じ。

くらいだったそうです。

しかしあとから思い返せば、

脳梗塞の前兆のようなものはあったみたいですね。

 

  • 心臓がすごくドキドキしていた時があった。
  • 更年期の症状だと思って放置していた。

 

病院で脳梗塞であることを告げられて、

一ヵ月半の入院生活を送りました。

幸いにも後遺症はないということです。

 

出典元:スチール哲平さんTwitter

 

その後の磯野貴理子さんは健康に気をつかい、

野菜とお米、魚、大豆中心の、

バランスの良い食事をとるようになりました。

自炊もして大好きだったお酒もやめたようです。

当時は夫の暴力騒動などがあり、

ストレスも理由だったのかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

 

2人目:大橋未歩

出典元:デイリースポーツ

 

大橋未歩さんは34歳という若さで、

自宅で脳梗塞になっています。

 

発症当時の状況は?
  • 寝る前に洗顔クリームに手を伸ばした時、左手の感覚に違和感。
  • その場に倒れこんでしまった。
  • ろれつが回らない状態だった。
  • 顔の左半分が垂れ下がっていた。
  • 夫がすぐに救急車を呼んで搬送される。

 

病院でMRIの検査をしたところ、

脳梗塞が4か所見つかったそうです。

大橋未歩さんの脳梗塞が起きた原因は、

右側にある太い血管の内膜に亀裂が入り、

血栓ができたことにより発症しました。

「内頚動脈解離」と言われています。

 

出典元:サンスポ

 

大橋さんは内頚動脈を広げるために、

「ステント」を入れているそうです。

 

ステントとは血栓が詰まっている箇所に「ステント」と呼ばれる網状の医療機器を設置し、
血管を拡張して血管の詰まりを解消、血栓を除去する手術療法のこと。

死ぬかもしれないという怖さがあった。

と当時を振り返っています。

 

 

スポンサーリンク

 

3人目:あべ静江

出典元:ヤフーニュース

 

あべ静江さんは2022年の70歳の時に、

緊急搬送されて入院をしています。

診断は軽度の脳梗塞でした。

 

発症当時の状況は?
  • 朝から急に体調が悪くなった。
  • シャドウ系に使う色を顔全体に塗っていた。
  • メイクさんに直してもらっても、また自分でやっていた。
  • 周囲も「なんとなくおかしい」と感じていた。
  • そのままスタジオに入ったが、
    体調不良を知ったプロデューサーが収録を中止する。
  • 普段とは違う行動が見られ、マネージャーが主治医に連絡。
  • 緊急搬送される。

 

脳梗塞の診断後は、

都内の病院で検査のため入院をして、

手術はせずに点滴のみの治療を始めました。

リハビリ期間も含めて2ヶ月ほど入院をして、

その後仕事に復帰をしています。

 

出典元:デイリースポーツ

 

当時を振り返ってあべ静江さんは、

怖かったです。
自覚症状が全然なくて、
後から聞いて、
え、そうだったの?
って驚くことがたくさんあって。

と語っていました。

倒れた当時の記憶がまったくないそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

4人目:河合美智子

出典元:産経ニュース

 

河合美智子さんは2016年8月に脳出血で倒れ、

右半身が麻痺により動かなくなりました。

その後はリハビリをして舞台や映画にも復帰しています。

河合さんが後になって検査をしてもらったところ、

「高次脳機能障害」もあり、

記憶が定着しない症状が現在もあります。

 

発症当時の状況は?
  • 仕事先で停めた駐車場の、簡単な駐車料金の計算ができないことに気づく
  • スタジオで座った状態から立とうとしたら、立ち上がれなかった。
  • 右足の付け根から感覚がない。
  • 丸太のように足が重くて動かない。
  • その感覚が体の上へとあがってきて、右手も重くなる。
  • 足が変な方向へねじれていた。
  • 異変を感じたプロデューサーが主治医へ電話。
  • 救急隊員が到着して病状を説明していたが、次第にろれつが回らなくなる。

 

後遺症で右半身に麻痺が残った状態ですが、

リハビリをしたことで歩行可能になりました。

 

出典元:スポニチ

 

外を歩くときは杖を使って歩いていて、

今もリハビリは継続して頑張っておられます。

退院後に当時同棲していたパートナーと入籍して、

今は豊岡に移住して暮らしているようです。

 

出典元:SUUMO

 

今は夫と共にYouTubeでリハビリの様子や、

病気について発信されています。

 

スポンサーリンク

 

5人目:KEIKO

 

KEIKOさんは2011年39歳の時に、

くも膜下出血を起こし自宅で倒れました。

 

発症当時の状況は?
  • お昼ごろから体調が悪くて、横になっていた。
  • 起きたら首の後ろに、異常な痛みを感じた。
  • 心配した小室さんが救急車を呼んだ。

 

KEIKOさんはすぐに都内病院に緊急搬されました。

KEIKOさんの病気はくも膜下出血で、

5時間の手術を乗りこえ意識が戻ったといいます。

 

 

小室さんの経過報告では、

KEIKOさんには後遺症があるような、

そのようなニュアンスに受け取った方も多いと思います。

 

小室哲哉さんから症状の説明
  • 小学4年生のドリルを喜んでしている。
  • 音楽に関心がなくなってしまった。
  • 女性ではなく女の子として接している。
  • 大人の女性の会話はできない。

 

しかし実際には後にKEIKOさんは、

病後は介助してもらって生活していたわけではなく、

ずっと今と同じように生活をしていたと語っています。

 

 

この数年で症状がよくなったとかではなく、

ずっと大きな後遺症はなく過ごされていたようです。

最近ではTwitterで元気な姿も見せてくれました。

 

 

KEIKOさん変わってなくて今もかわいいです。

またそのうちKEIKOさんの歌声を、

聴くことができる日が来るかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

  

6人目:麻木久仁子

出典元:テレビ朝日

 

麻木久仁子さんは2010年、

47歳の時に軽い脳梗塞を発症しています。

 

発症当時の状況は?
  • 健康のために食事には気を付けていた。
  • ある日出かけようとしたら右手右足が震えた。
  • 鍵穴に鍵をさすことができない。
  • 右手右足を動かそうとしても動かない。
  • その症状は30秒ほど続いておさまった。
  • 医療番組でよく出ていて、それなりの知識があった。
  • 片側だけ動かないことに脳の異常を疑う。
  • 医療番組のスタッフに病院を紹介してもらう。
  • 5日後の検査までにも、同じような症状が一日3、4回起こる。
  • 家事をしている時、車の運転中、番組収録に発作は起きた。

 

麻木さんは5日後の検査の日まで不安で、

これを繰り返したら、突然このまま逝ってしまうかも。

という恐怖を感じていたようです。

検査の結果小脳に脳梗塞があることが判明しました。

軽度だったので後遺症は残らなかったようです。

 

出典元:ORICON NEWS

 

基本的に健康体だった麻木さんなので、

脳梗塞となった原因としては、

ストレスの可能性もある。

と医師から言われたようです。

ちょうど前夫である山路徹さんの不倫騒動で、

マスコミの対応に追われていた時期でした。

 

出典元:スポニチ

 

当時麻木さんが精神的に色々と、

追い込まれていたのは間違いないようです。

軽度だったので薬で発作の症状を抑えながら、

再発防止に努めていたようです。

 

出典元:日刊ゲンダイヘルスケア

 

その後もしっかり健康と向き合うために、

人間ドックを受けて判定もAと健康体でしたが…。

49歳時には乳がんが見つかりました。

 

出典元:麻木久仁子さんnote

 

そんな麻木さんに娘さんが、

優しく寄り添ってくれました。

一緒に散歩に誘ってくれたり、

麻木さんを精神的に支えてくれたそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

7人目:さとう珠緒

 

さとう珠緒さんは2015年の44歳の時、

バラエティ番組「主治医が見つかる診療所」で、

5ヶ所に脳梗塞が見つかりました。

軽度だったようで手術の必要はありませんでした。

 

出典元:スポニチ

 

さとう珠緒さんは自覚症状はなかったようで、

それなのに5つの脳梗塞が見つかるなんて怖いですね。

3年後の2018年に調べたところ、

脳梗塞はなくなっていたそうです。

しかし脳動脈瘤が見つかり、

新たな心配もでてきました。

 

 

 

さとう珠緒さんの脳梗塞の原因は、

連日のお酒のせいだと言われています。

飲酒後の脱水状態で長風呂に入ったりと、

体にとって良くない生活をしていたようですね。

事務所トラブルで仕事も減り、

ストレスからお酒に逃げていた時期だったのでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

8人目:西川史子

出典元:西川史子さんInstagram

 

西川史子さんは2021年8月に脳出血で倒れ、

右脳内出血のため緊急手術をしています。

 

発症当時の状況は?
  • 17日午前9時に病院に出勤予定だった。
  • 10時になっても連絡が取れず、病院がマネージャに連絡。
  • 正午に警察の立ち合いのもと、西川さんの住むマンションに入室。
  • 自宅リビングで倒れている西川さんを発見。
  • 意識はあって会話は可能だった。
  • 入浴した後に異変を感じて、倒れたとのこと。

 

脳出血の診断を受けた西川さんは、

手術を受けて12月に退院しました。

退院した時左半身のまひが、

完全に回復していないことを公表しています。

当時は髪に自分でピンが付けれず、

お隣さんにお世話になったことも話されていました。

 

出典元:西川史子さんInstagram

 

リハビリで体調も良くなってきたのか、

2022年4月からは新しいクリニックへの

勤務をスタートさせています。

西川先生のInstagramではお仕事の様子や、

友人との会食の様子が見られますよ。

 

出典元:西川史子さんInstagram

 

どこまで左半身の麻痺が回復しているのか、

細かいことはわかっていません。

お弁当を友達に作ってもらってお世話になっていると、

Instagramで話されていたので、

両手を使う細かい作業は、

まだ難しいのかなと感じました。

 

 

スポンサーリンク

 

8人目:SHEILA

出典元:ORICON NEWS

 

SHEILAさんは、2019年5月に、

自宅で昼食中に体調が悪くなり、

くも膜下出血を発症しています。

緊急手術に成功しましたが、

退院後も後遺症が残っている状態です。

 

SHEILAさんの後遺症
  • 右目が見えない。
  • 一人でトイレに行けない。
  • 口が痛くて食べれない。
  • 歩けないので車いすでの生活。
  • 記憶障害もある。

 

発症後は家族との時間を大切にしていて、

仕事をは全て休止しています。

 

出典元:SHEILAさんInstagram

 

入院していた時のことは、

全く覚えていないそうです。

今も家族との生活を大切にしながら、

リハビリに励んでいることは、

間違いないと思われます。

 

インスタグラムもほぼ更新されておらず、現状がどのような状態なのかは不明です。

 

スポンサーリンク

 

9人目:片岡礼子

 

片岡礼子さんは2002年の稽古中に脳出血を起こしています。

 

発症当時の状況は?
  • 2002年の稽古中、ひどい吐き気と頭痛で横になっていた。
  • 意識がもうろうとしていた。
  • ろれつが回っていなかった。

 

片岡さんの状態に異変を感じたスタッフが、

病院へ連れていってくれて脳出血の診断をされました。

片岡さんの場合は「脳動静脈奇形」といって、

生まれつき動脈と静脈の一部が、

絡み合っている状態だったそうです。

 

出典元:流山中央病院

 

早くに病院へ行って手術を受けたことで、

危険な状態から脱して一命をとりとめました。

夫は片岡さんのために仕事を辞めて、

夫の故郷である愛媛県の離島に家族で移住し、

農業を手伝ったことが良いリハビリとなったようです。

 

出典元:産経ニュース

心身ともに回復した片岡礼子さんは、 

2年後には女優業に復帰をしています。

 

当時は結婚して子育ても家事、仕事も完璧にこなすあまり、
睡眠時間は削られ頭痛も頻繁に起こっていたそうです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

10人目:内藤やす子

出典元:日刊ゲンダイ

 

内藤やす子さんは2006年5月28日、

福島県福島市でのディナーショー中に、

脳内出血で倒れました。

 

発症当時の状況は?
  • もともと血圧が高かった。
  • お酒とたばこを控えるよう医師から言われていた。
  • お酒もやめられない、たばこも1日箱5箱吸っていた。
  • ディナーショーのステージで倒れた。

 

病院へ搬送されて一命をとりとめた内藤さんは、

7月に退院をしましたが療養が必要となり、

歌手活動は休止になりました。

内藤さんにはいくつかの後遺症があり、

それが内藤さんを苦しめたといいます。

 

  • 記憶障がい
  • 認識障がい
  • 失語症
  • 右半身マヒ
  • 字が書けない
  • 計算ができない
  • 外出してもどこにいるかわからなくなる。
  • 思っていることが言葉にならない。

 

右半身麻痺についてはリハビリの効果もあったのか、

しばらくすると解消されました。

しかし倒れた日から過去3年の記憶はなく、

自分が内藤やす子で歌手であったことも、

忘れてしまっていたそうです。

 

出典元:デイリースポーツ

 

21歳年下の夫マイケルさんは、

付きっきりで看病をしてくれました。

さらに毎日食事を作ってくれたり、

金銭面でも支えてくれたマイケルさん。

夫には感謝の気持ちでいっぱいとのことです。

 

出典元:テレビ朝日「徹子の部屋」

 

そして自分が内藤やす子で、

夫がマイケルであることが分かったのは、

倒れてから5年後のことでした。

周りの人との会話がちゃんとできるようになったのは、

さらにそこから数年かかったようです。

 

出典元:TBS

 

発症から10年後の2016年3月に、

内藤さんは本格的に歌手活動を再開しました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

脳梗塞やの脳の病気になった

芸能人女性のまとめでした。

後遺症がない方や麻痺が残る方、

個人差があって色々です。

症状が現れたらすぐに病院へ向かうことが、

大切なことだとわかりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
脳梗塞になった芸能人女性11人!記憶がない?症状や現在の後遺症は?

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次