MENU

【動画と書き起こし】岡本財務副大臣言い間違いをもう一度聞いてみよう!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
スポンサーリンク

21日の衆院予算委員会で、岡本三成財務副大臣(公明)が

資料の読み間違いを連発し、審議が一時中断しました。

【動画と書き起こし】岡本財務副大臣言い間違いをもう一度聞いてみよう!
スポンサーリンク
目次

【動画】 岡本三成財務副大臣の言い間違いをもう一度聞いてみよう

8335億円を8335円と言い間違い

こちらがフルバージョンです。

8335億円を8335円の計上と言い間違ったことが話題になりました。

1番話題になった「8335円」の部分切り取りはこちらで聞き取りが可能です。

繰り返しニュースやネットで流れている部分ですね。

冷静に振る舞おうとする姿が印象的です。

岡本副大臣の全文書き起こし

大変失礼いたしました。アノ、私、読み間違えたところが3か所ございまして訂正させて頂きます。
まず、地方交付税、交付金等につきまして、数字を間違えて、おりまして、え、
正しい数字と、え、すみません。
地方交付税交付金につきまして、私、本来、譲与税、交付金、と言う風に申し合げるべきところを、
譲与税、配当金と言う風に、本来であれば、
『譲与税、配付金、特別会計に繰り入れること』と言うことで、訂正させて下さい。
正しくは、譲与税、配付金、特別会計、でございます。1点目です。
えー2点目の・・・え、数字で、公共事業関係費のところの数字を、え、言い間違えておりまして。
正しくは、合計、合計金額を言い間違えておりまして、合計、6兆575億円、合計は、6兆575億円でございます。大変失礼いたしました・・・

委員長「ではもう一回」
※ここで話し合い後再度説明をされます。

大変皆様、委員の皆様、失礼いたしました。
最後は、農林水産関係予算、農林水産関係予算、でございまして。
え、この中の、食料安定供給関係費、この、正しい数字は、1兆2千716円等でございまして。
私、この7百を飛ばしたみたいでございます。
申し訳ございません。
この食料安定供給関係費は、1兆7千、あっ!失礼しました。
1兆2千7百1億円等が正しい数字でございます。
失礼しました、あのーもう一度言わして下さい。
この、農林水産関係予算でございますが、この中の、食料安定供給関係費は、1兆2千701億円、1兆2千701億円でございます。失礼いたしました。

ここで議事録の修正はできないと注意されます。

先生方、大変失礼いたしました。
エネルギー対策費の中でも、私の発音が、十分でなかったところがあるようで。
最後、合計の金額、でございますけれども、億円の億を、飛ばしてしまって。
発音出来てなかったそうでございまして・・・
正しくはエネルギー対策費、最後、合計8756億円、8756円を、計上しております。
失礼いたしました。

野次がここで飛び「億!」「億!」と指摘されますが

岡本副大臣はそのまま静止します。

答弁後の委員長からの声書き起こし

委員長

はい、速記を起こしてじゃ、財務副大臣岡本三成君、大丈夫ですね?
はい、じゃ、これからも、しっかり緊張感をもってやって下さい

ここで訂正の訂正の訂正を重ねると混乱されると思ったのでしょうね。

野次もあったことからうまく締められていますね。

ネットでは同情的・好意的な声も

国会予算の表記がややこしいから読み間違えた?

政府各省のホームページを見ると金額の表記がこのように表記されています。

875600000(千円)
875600(百万円)
875.6(億円)

もともと金融系に25年もいた岡本さんですから、金額がわからないということはなかったはずです。

表記がややこしく一般と離れて独特なことから

わかりにくいということが考えられます。

ネットの声

日本なんだから日本式4桁で、万、億、兆の区切り方にしてもらいたい

欧米式、千、100万、10億の三桁区切り多すぎて戸惑う

誰でも緊張したら間違っちゃいそう。

1回間違えるとドツボにはまりますもんなぁ。

体調が悪かったんじゃない?

こういう時、政治に疎い自分がイヤだなぁって思う。

国の予算の話で
「8756億円」を「8756円」と言い間違えて
本当に8756円だと勘違いする人なんていないんだし
こんなことにしか噛みつけないの?って思うわ

この政治家が普段どういう人なのか分からないから、
批判に値するのか、何かあったんでは?と
思うところなのか判断できない。

まとめ

岡本三成さんが1月21日に言い間違いを連発してしまったことから

ネットで話題になりました。

批判的な意見がある一方、岡本副大臣に対し同情的な意見・好意的な意見が多く見受けられました。

答弁の途中であくまでも冷静であろうとする姿や、紳士的な態度から

応援したくなる人も多かったのでしょう。

今後挽回する機会はたくさんありますので、頑張って欲しいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる