MENU

「紅の豚」マルコが最後に人間の姿になった理由・豚になっていた理由は?

「紅の豚」マルコが最後に人間の姿になった理由・豚になっていた理由は?
URLをコピーする
URLをコピーしました!
スポンサーリンク

1月13日金曜ロードショーにて「紅の豚」が放送されます。

ポルコがそもそも豚になった理由・どうやって豚になったのかを説明します。

ポルコ・ロッソ(声:森山周一郎)36歳
1992年に宮崎駿の映画「紅の豚」の主人公。
本名はマルコパゴットでイタリア空軍のエースだったが、
豚になった後は通称の「ポルコロッソ」(イタリア語でった「赤い豚」)
と呼ばれる事が多い。
空賊をターゲットとした賞金稼ぎを生業としている。

スポンサーリンク
目次

マルコ(ポルコ)が最後に人間の素顔になった理由

ポルコ紅の豚の終盤のシーンで、

ジーナの飛行艇に乗って飛び立つ間際のフィオにキスをされます。

その際に姿が(おそらく人間に)変わる=豚の顔から人間の顔に戻ったようなシーンがありました。

 
そしてカーチスとの決戦前夜にも人間の姿で弾丸をチェックしていたシーンもあります。
このことから、常に豚の姿でいる訳ではないことがわかります。

その時の顔は意図的に写されていません。

どんなときに人間に戻るのか

ポルコが劇中で人に戻った(ように見える)シチュエーションは、

  1. フィオが寝ている横で銃弾を触っている時
  2. カーチスとの決闘後にフィオに別れのキスをされた後

どちらも

・戦争の中で、他者と深く繋がっているのを思い出している時
・常に他者と一線を引いた関わり方をするポルコが他者との距離感が乱れた時

1回目にフィオの横で銃弾を触っている時は無意識的に戻っていたのかもしれません。

しかし2回目は意図的に戻ったことが予想されます

マルコ(ポルコ)が豚になっていた理由は自分で魔法をかけたから

宮崎駿はポルコが豚を選んだ理由を説明していた

シネマノート

公開当時の「紅の豚」のパンフレットに書かれている宮崎駿のインタビューでは、

ポルコが豚になった理由に近い回答として次のように語っています。

迫り来る新たな戦争を前に再び国家の英雄になることを拒み、
自分で自分に魔法をかけてブタになってしまいます。

宮崎駿

たしかにポルコは自分の意思に正直であり、怠惰であり

したくないことはしないとある意味素直です。

人間が行う面倒くさい事柄に対して、自分は豚だから関係ないと他人事。

ポルコ自身は豚であることを嫌がる様子もなく、人間に戻りたい意志も感じられません

人間である時のしがらみから解放されたのでしょうか。

魔法のシーンは描かれておらず、登場時点で既に豚人間の姿になっています。

人間の時に経験した苦しい思いから逃れたかったから

これは、ポルコが生きていた時代背景

ポルコが戦争で経験した不思議な体験が大きく関係しています。

ポルコは戦争で仲間を失い一人生き残ってしまったことが心残りになっています。

それ故にイタリア空軍を退役しています。

そしてしがらみのない仕事として賞金稼ぎとして暮らしているんですよね。

階級としては大尉だったようなので、
そこそこ偉かったみたいんじゃないのか

エースと呼ばれる立場でありながら、
親友を救えなかったのは辛かったのではないか。

「いいやつは死んだやつらさ」という彼のセリフから伺えるように、

戦友が次々と死んでいってしまった中で、自分一人が生き残ってしまった贖罪
次々と飛行艇乗りの夫を失ったジーナへの配慮

も予想されています。

ポルコのキャラクターを豚にした理由

宮崎監督はこの「なぜ豚になった?」の質問が多く寄せられているようです。

鈴木敏夫プロデューサーからも豚になった理由を質問をされた時に

「すぐ原因と結果を明らかにしようとする!」

と言って回答をしなかったとか。

真実は語られていません。

1.ポルコのキャラクターを表す動物として豚を選んだ

ポルコは劇中で「人間嫌い」であることを告白しています。

人間に戻る意思を感じられません。

あえて豚になった理由として考えられるのは気ままであり従順であることもなく

自分の意思に忠実に生きていることが考えられます。

犬や猫は性格や生態的特徴がキャラクターの邪魔になるけど、豚はとくにない。

と宮崎監督は語っています。

2.“豚になる“と表現していること


人間に戻ってもまたすぐに豚に戻り、
十日くらい経つと飯を食いにジーナの前に現れる

宮崎監督はそのように話しています。

このことからポルコは、
自分の意思である程度の時間なら、
人の姿に戻ることは出来ます。

姿の維持にタイムリミットのようなものがあり、

そのタイムリミットを把握しているのではないでしょうか。

まとめ

「紅の豚」のポルコ・ロッソはイタリア語で「赤い豚」という意味でした。

マルコ(ポルコ)は人間の時に自信で豚になる魔法をかけました。

そして最後に人間の姿になった理由は明かされていませんが、

人間に戻る

人間に戻す力はあるようです

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる