MENU

【安倍晋三元首相】輸血100単位は約14リットル!50人分の血液?なぜそんなに必要だった?

【安倍晋三元首相】輸血100単位は約14リットル!50人分の血液?なぜそんなに必要だった?
スポンサーリンク

安倍晋三元首相の輸血量で

約100単位

と報道され、どのくらいの量なのかわかりませんでしたね。

輸血100単位とはどのくらいの量なのでしょうか。

スポンサーリンク
目次

輸血100単位は約20リットル

1単位が約140ml

https://www.jrc.or.jp/mr/img/02-RBC-LR-2.jpg

主に出血の際に使用される赤血球の輸血だと

1単位=140mlです。

今回阿部元総理に使用された血液は100単位ということでした。

140ml×100単位=14000ml
  約14ℓ

そうなると身体に14ℓ以上の出血があったと考えられます。

日本赤十字が出している指標によると、

主に出血性の外傷の場合は赤血球の輸血を行います。

ちなみに、献血の際に200mlから取っていますが

そこから血球成分など大事な成分のみ使用し別の薬品と混ぜますので献血で取った量より減ります。

目的は末梢循環系の十分な酸素供給と循環血液量を維持することです。

医療従事者からは

そんな量みたことない

奈良中の血液持ってきた?!

と言われるほど異例中の異例の量でした。

スポンサーリンク

なぜ20リットルも血液が必要だった?

頸動脈や大動脈への損傷があった

@qL4F64KnTVG2PV2

首から胸にかけて心臓や心臓から伸びる大きな血管があります。

この血管は1.5cm~3cmの太さで伸びています。

この血管を損傷すると出血が多くなるのはわかりますでしょうか。

また、身体中に血液を送る機能である心臓が動いていなかった為

手圧なども加わり現場は過酷だったかと考えられます。

心臓の動きを保ちながら止血が難しいから

大動脈系を損傷しているということですので、

止血をしながら血管を修復しなければなりません。

輸血をしても次々と出血してしまうため

手術もかなり過酷だったことがうかがえます。

しかも、心肺停止状態だったため循環血液量を維持しながら

手術によるアプローチ・・・非常に大変だったと考えられます。

循環血液量<出血量だったから

安倍晋三元首相の体重が約75kgだったとして、

身体の血液がほぼ入れ替わるような内容だったのではないかと思います。

約50人分の献血から取れる量です。

クラスマッチという血液の確認作業も大変だったと思います。

安倍昭恵夫人が到着まで数時間かかったから

昭恵夫人はおそらく関東にいて、

安倍元総理の状態を聞いてすぐに新幹線もしくはチャーターに乗ったとしても

2時間くらいはかかったかと思われます。

その際止血が間に合わないのに血液を循環させながら待つため、

心臓マッサージに近い行為をしながらの止血は難しかったと思います。

スポンサーリンク

まとめ

安倍晋三元首相が輸血において、

100単位以上の輸血をしたということでTwitterのトレンド入りをしていました。

100単位は14ℓ。

普段緊急手術でも4.5単位の量を使うとすれば、

どんな手術だったのかわかりますね。

ご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
【安倍晋三元首相】輸血100単位は約14リットル!50人分の血液?なぜそんなに必要だった?

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次