MENU

りゅうちぇるとぺこが離婚!りゅうちぇるはLGBT?批判殺到の理由とは?

りゅうちぇるとぺこが離婚!りゅうちぇるはLGBT?批判殺到の理由とは?
スポンサーリンク

ラブラブで有名だったりゅうちぇるとぺこ夫婦が、

Instagramで離婚を発表しました。

その原因はどうやらりゅうちぇるさんにあるようです。

離婚に至った経緯、LGBT疑惑やぺこさんの本音などを、

細かく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク
目次

りゅうちぇるとぺこが離婚発表

結局りゅうちぇるとぺこは離婚していた

 

Instagramの投稿を何度読んでも、

今までのような夫婦関係はなくなったというのは

文章から伝わってきましたが、

離婚をしたという言葉は書かれていません。

しかも今後も一緒に暮らして、

人生のパートナーであることは変わらないとのこと。

これについてネット内では、

 

え?どういうこと?

結局離婚はしたの?

カミングアウトをしただけで、
離婚はしていないの?

このような混乱が起きてしまいました。

 

 

離婚はしていないのではという意見もあったのですが、

事務所に確認をしたところ離婚を認めたそうです。

2人は籍を抜いて夫婦ではなくなってしまいました。

 

スポンサーリンク

Instagramに投稿された文書

 

付き合っていた時からオープンにしていて、

世界観も合う「りゅうちぇるとぺこ」カップルは、

結婚してからも変わらぬ愛で結ばれている感じで、

憧れていた人も多いのはないでしょうか。

しかし2022年8月25日にInstagramで突然の発表がありました。

 

 

これはりゅうちぇるさんのInstagramです。

内容を簡単にまとめてみました。

 

りゅうちぇるの心の葛藤
  • 8年前にぺこと出逢い好きになった。
  • 女性を好きになったのはぺこが初めて。
  • 男としての幸せを教えてくれた。
  • 楽しくて、お互いを高め合える関係。
  • こんな関係性を女性と築けるとは思ってもなかった。
  • 一生一緒にいたいと思ったからぺこと結婚をした。
  • その愛の形として息子が生まれた。
  • 幸せな日々を守るために、
    自分を隠してでも生きていこうと決めていた。
  • 本当の自分”と、”本当の自分を隠すryuchell”との間に、
    少しずつ溝ができてきた
  • 夫らしく生きていかないといけないと
    強く思ってしまっていた。
  • 正真正銘の男でないといけないと思い込んでいた。
  • 生きていくことが辛いと思う瞬間もあった。
  • このままでは自分がだめになっていき、
    愛する家族も守れなくなると感じた。
  • ぺこに打ち明けることは怖く、
    申し訳ない気持ちでいっぱいだった。
  • 何と言われるのか想像もつかなかった。

 

そして思いのすべてをぺこさんに打ち明けました。

カミングアウトを聞いたぺこさんは、

今まで辛かったね

と泣いて抱きしめてくれたそうです。

 

 

僕自身”夫婦”という形を覚悟して選び、
そしててこも覚悟して、
僕に人生を捧げる道を選んでくれたのに、
僕の弱さのせいで、夫として、男として、
てこを守ることが出来なかったこと。
どれだけ伝えても足りないほど、
本当に申し訳ない気持ちでいっぱいだけど、
家族として、パパとしては、
なにがあってもこの幸せは守りたいと強く思いました。

 

りゅうちぇるさんのこの思いを受けて、

2人が話し合った結果、

夫”と”妻”ではなく、人生のパートナー、
そしてかけがえのない息子の親として、
家族で人生を過ごしていこうね。

このような結論に落ち着いたようです。

 

「これからは、今こうして皆さまに打ち明けられた事によって、
僕自身が認めてあげられた本当の自分で、
新しい形の家族を愛していきたいです。」(りゅうちぇる)

スポンサーリンク

 

今まで通り家族で同居

 

夫でいることが辛く、

完全な男としていることがしんどくて、

それを妻であるぺこさんに打ち明けたのですが、

もちろん、今まで通り家族で暮らします。

 このように書かれていました。

 

 

夫婦関係は解消しても家族であることは変わりなく、

生活も共にして今までと変わらず3人で暮らしていくそうです。

なかなか理解しがたいですが夫婦の形は色々なので、

本人たちが出した一番の結論がこれだったのだと思います。

 

子どものこともあるのかもしれませんが、
お互いを人として尊重し合って、
今も大切なパートナーであることは変わりないようですね。

 

りゅうちぇるはLGBT?

りゅうちぇるは男性が好き?

 

今回世間で騒がれていることの一つに、

好きな人が他にできたのでは?

という風にとらえた人が多かったようです。

その好きな人というのは、

本当の恋愛対象である「男性」なのではないかということです。

 

 

 

  • 初めて好きになった女性がぺこであること。
  • 女性とこのような関係を築けるとは思ってなかった。

 

今回このようなことも書かれていました。

これはつまり、

「ぺこに出会うまでは、男性を好きになっていた」

ということだと思います。

ぺこさんが特別だったのかバイセクシャルなのかは、

詳しくはわかっていません。

本当は女性になりたい?

 

最近のりゅうちぇるさんのInstagramを見て、

ちょっとびっくりした人が多いようです。

そこにあるのは今までよりも女性らしい姿の

りゅうちぇるさんばかりだったからです。

 

 

ぺこさんにカミングアウトしてからは、

自分らしく自分の好きに生きようと思ったからでしょうか。

これが今まで隠していた「なりたい姿」であるならば、

りゅうちぇるさんの性自認は女性という事かもしれません。

 

スポンサーリンク

 

LGBTとは

 

りゅうちぇるさんのカミングアウトには、

具体的なことはあまり書かれていなくて、

LGBTだとしたらどこに当てはまるのか、

はっきりとはわかりません。 

そもそもLGBTとはどういう意味なのでしょうか。

 

LGBTとは

L:レズビアン(女性同性愛者)
G:ゲイ(男性同性愛者)
B:バイセクシュアル(両性愛者)
T:トランスジェンダー(性同一性障がい者を含む、
心と出生時の性別が一致しない人)

これらのアルファベットの頭文字を取った言葉で、
「性的少数者の総称」として用いられることもあります。

 

この中でりゅうちぇるさんが当てはまるとすれば、

L以外のGBTのどれかになります。

 

 

昔からお化粧をしたりが好きで、

現在は女性のような服装を好んでいるので、

Tの性同一性障害の可能性もありそうですね。

Tはトランスジェンダーの略で、

出生時に割り当てられた性と性自認が一致しない

というパターンです。

 

だからといって異性を愛せないわけではなく、
性別を関係なく人を愛する人も多くいます。

 

 

これからは仕事の面でも噓なく、

自分に正直に生きていくと思われます。

きっと自分の口からそのあたりも、

いつか話してくれるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

批判殺到の理由3つ

その1:ぺこがかわいそう

 

今回の離婚騒動についてですが、

りゅうちぇるさんに対して批判が多くみられました

その理由の1つが、

ぺこちゃんがかわいそう

ということです。

 

 

りゅうちぇるさんからのカミングアウトを聞いて、

辛かったね

という言葉で相手に寄り添ったぺこさん。

この心の広さには感心した人が多かったようです。

 

ぺこの気持ち

もしほんとうにりゅうちぇるがこの先何十年、
おじいちゃんになるまで
ひとりで抱え込み続けていたらと思うと
ほんとうに怖いし、こうして今 生きて、
勇気を振り絞って
わたしに打ち明けてくれたことに、
ありがとうの気持ちでいっぱいなのです。

 

またりゅうちぇるさんに対して、

裏切られたとかそういう気持ちもなかったと言います。

 

 

打ち明けてくれた瞬間、ひどいとか、最低とか、
だましてたの?とか、ほんとうにそんなことは思わなくて、
それはりゅうちぇるがほんとうにたくさんの
本物の愛をくれたからだと思います。 


 ”普通の家族” ではないかもしれないけれど、
受け入れ難いかたちなのかもしれないけれど、
だけどわたしは息子に胸をはって、
りゅうちぇるはすてきなパパだよと
伝えられる自信があります。

  

ぺこさんはりゅうちぇるさんに対して、

人間的な部分に惚れているんだと思います。

 

 

それはりゅうちぇるさんも一緒で、

カミングアウトした上で一緒にいることが、

2人にとっては自然なことなのかなと思いました

その2:ただの浮気者?

 

今回のことを知った人たちからは、

わざわざ離婚するということは、
りゅうちぇるに好きな人ができたからでは?

ただの浮気じゃん。

このような意見もみられました。

しかしこれについては、

りゅうちぇるさんに好きな人ができたのかは不明です。

 

 

これから先どちらかに好きな人ができれば、

同居を解消するかもしれないですね。

 

スポンサーリンク

 

その3:いまさらカミングアウトはずるい

 

今回のカミングアウトについて、

ぺこさんと同じ女性の意見としては、

このような声が聞こえてきました。

 

  • 結婚して子どもができてから、
    そんなこと言うのはずるい。
  • もしカミングアウトするなら、
    結婚前の交際中に言うべき。
  • いまさらそんなこと言われて、
    ぺこも困惑しそう。
  • 言った方はスッキリするかもしれないけど、
    言われた方はとても辛い。
  • 自分勝手で相手の気持ちを考えていない。

 

交際期間も入れて8年間、

大好きな妻であるぺこに言わなかったのであれば、

もう一生言わないくらいの覚悟をもってほしい

という意見が多くみられました。

 

 

そもそも交際当時からりゅうちぇるさんは女性っぽいところがあって、

男性が好きなのでは?

と言われていましたよね。

でもぺこさんと結婚して子どももできたし、

ただのキャラだったのね

と皆も納得していたのですが…

 

 

実際ぺこさんのInstagramの中でも、

正直、墓場まで持っていってほしかったと
一瞬たりとも思ったことはないと言えば嘘になります。

このように書かれていました。

とっても素直で正直な思いだと思います。

カミングアウトされた側が、

とても悩んでしまう内容でもありますよね。

 

 

しかし今までのりゅうちぇるさんの行動が、

ぺこさんとの信頼関係を強くさせていたようです。

 

出会ってくれて、好きになってくれて、
ましてやはじめて女性を
好きになってくれたのがわたしだなんて、
りゅうちぇるもえらいこっちゃやなぁと思うほど笑、
そして結婚してくれて、
かけがえのない宝物
息子と出会わせてくれて、
ほんとうに感謝してもしきれません。

 

前向きな気持ちで感謝を述べるぺこさん。

とっても優しくて温かい女性なんだなと思いました。

そして二人は人として相性がいいんのでしょうね。

性別を超えた深い愛を感じました。

  

スポンサーリンク

 

まとめ

りゅうちぇるさんとぺこさんの離婚は、

思った以上に世間を騒がせているようです。

普通に離婚ではなくて、

りゅうちぇるさんのカミングアウトもありました。

しかし今後もお二人は一緒に暮らし続けていきます。

りゅうちぇるさんの今後の仕事や、

発言も気になるところですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
りゅうちぇるとぺこが離婚!りゅうちぇるはLGBT?批判殺到の理由とは?

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次