MENU

竜とそばかすの姫がひどい・つまらないと言われる理由5つ!グダグダでBGM補正?

竜とそばかすの姫がひどい・つまらないと言われる理由5つ!グダグダでBGM補正?
スポンサーリンク

2021年細田守監督渾身の最新作。

竜とそばかすの姫」大ヒットしましたね。

しかし一部ではこの「竜とそばかすの姫」がつまらないと言われています。

その5つの理由についてまとめていきます。

スポンサーリンク
目次

竜とそばかすの姫がひどい・つまらないと言われる理由5つ!

竜とそばかすの姫は、

現実とネットの世界である「U」という仮想空間が

リンクしながらストーリーが進んでいきます。

1つ目:設定説明がなさすぎてわからないことが多すぎる

龍とそばかすの姫は、

設定が分からない部分が多く映画の世界観がなかなか伝わってきません。

以下、細田監督の説明になります。

「<U>は、インターネットの仮想世界で、一人一人が<As(アズ)>という自分の分身を持ち、まったく別の人生を生きて、世界を変えることができる空間です。
単に自分の<As>がいるだけではなく、個人の生体情報を読み取るデバイス、ボディーシェアリング技術という本当に自分がその世界に入ったかのような技術が現実にもできようとしているのですが、その技術を使って、自分自身とアバターが一心同体のように繋がりを持った世界です。

シネマトゥデイ

この時点で一読しただけではなかなか理解が難しいです。

しかしながら、50億人が集う「U」という仮想空間の描写は、

とても美しく見事に表現されています。

田舎者の女子高生すずが歌ってみたら、

50億人の中から注目を浴びて人気者に?

急に歌いだして皆の耳に聞こえる設定とは?

なぜベルのアバターは、他の人と比べて断トツに美しいの?

50億のユーザーがいる中で注目を浴びる展開に。

私たちの知るネットの現実と繋げると、

理解しがたく共感がなかなかできません。

物語は竜が出てきてから、

さらにややこしさが深まっていきます。

  • 自警集団ジャスティスって何?
  • 自警団にスポンサーがつく意味はあるの?
  • それほどに人気の仮想空間なのに、「U」の運営の管理はどうなってるの?

設定がわからず追い付かないのに、

後半は複雑にストーリーが枝分かれしていきます。

見ている人はひどい展開に完全に置いてけぼり状態です。

スポンサーリンク

2つ目:美女と野獣を意識しすぎていた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
竜とそばかすの姫がひどい・つまらないと言われる理由5つ!グダグダでBGM補正?

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次