志田未来が演技下手と言われる5つの理由!14才の母の子役を結婚で払拭!

志田未来が演技下手と言われる5つの理由!14才の母の子役を結婚で払拭?

ドラマ「14才の母」で演技力を見せつけた志田未来さん。

しかし演技が下手と言われることもあります。

今回はその理由について考えてみました。

目次
スポンサーリンク

志田未来が演技下手と言われる5つの理由

1つ目:「14歳の母」のイメージが強すぎる

子役として活躍していた志田未来さんは、

2006年のドラマ「14歳の母」で主人公を演じました。

14歳で妊娠して母になるという非常に難しい役に

中学1年生という若さで挑んだのです。

たった14歳で妊娠から出産を経験する強さ

少女らしい弱さを見事に演じ切った志田未来さん。

14歳の母の演技がすごすぎる

14歳の母の演技が素晴らしい

何度も見返してしまう

未だに、このような絶賛の声があります。

壮絶な出産シーンなども衝撃的でした。

しかし、この時のインパクトがあまりにも強くて、

その後の演技が普通に見えてしまう方もいるようです。

「14才の母」は上手かったけど、その後は伸び悩んでいる

このような意見もありました。

「14才の母」で難しい役を演じたことで、

自らハードルを上げてしまった感じですね。

そのため演技下手と言われることもあるようです。

スポンサーリンク

2つ目:地味だから

志田未来さんはとても整ったお顔をされています。

しかし芸能界の中では派手な方が多く

印象があまりないかもしれません。

濃いメイクをされていることも少なく、ナチュラル美人な印象を受けます。

ネガティブな言い方をすると「地味」な感じがするとも言えますね。

演技力の高さよりも地味さのほうが目立っている

このような意見も見受けられます。

そして志田未来さんは、演じる役柄も地味なキャラクターが目立ちます。

  • 「女王の教室」(2005年
  • 「正義の味方」(2010年)
  • 「レンタル救世主」(2016年)

志田未来さんのこのような代表作は、派手というよりは地味な役です。

そのため、演技力に欠けるイメージを持つ方もいるのでしょう。

しかし、地味な役こそ演じるのが難しいという側面もありますので、

演技力のある女優さんだからこそ、地味な役を上手く演じているとも言えるでしょう。

スポンサーリンク

3つ目:幼く見えてしまうから

童顔すぎる

どうしても幼く見える

志田未来さんに対するこのような意見もあります。

童顔なところが志田未来さんの魅力の1つでもありますが、

これにより演技が幼くて下手に見えてしまう影響もあるようです。

さらに志田未来さんは身長が150cmと小柄な女優さんです。

そのため、他の女優さんと並ぶと年下に見えてしまうこともあるようです。

男性を誘惑するような役柄もありましたが、

やや違和感を覚えるシーンもありました。

それまで素晴らしい演技をしていても、

ラブシーンになると演技力のなさを感じてしまう方が多いのかもしれません。

少女や若い女性の演技は非常に上手いですが、

大人女性を演じると浮いて見えてしまうのでしょう。

スポンサーリンク

4つ目:子役時代の成功がネックになっているから

志田未来さんは6歳の時から芸能活動をスタートし、

7歳の時にドラマデビューをしています。

「女王の教室」をはじめ、子役として活してきた経歴をお持ちです。

子役は大成しない

と言われるように、

やはり志田未来さんも子役時代の成功がネックになることがあるようです。

どうしても

子役の時は良かったのに…

と思われてしまうことがあります。

子役出身という色眼鏡で見られてしまうため、

演技が下手だと思われがちなのでしょう。

ちなみに、志田未来さんと同世代の女優さんは以下のような方がいます。

  • 二階堂ふみ(13歳で女優デビュー)
  • 高畑充希(14歳で女優デビュー)
  • 川口春奈(15歳で女優デビュー)

このような女優さんと比べると、主役などを演じる機会は少ない感じがしますね。

スポンサーリンク

5つ目:朝顔のキャラクターが生意気だから

志田未来さんは、上野樹里さん主演の「監察医 朝顔」に出演されています。

安岡光子という法医学者を演じています。

第1シーズンではアルバイトの医大生として登場しますが、

はじめから空気を読まない生意気な態度を連発しました。

見ていてイライラしてしまうキャラクターでした。

しかも、物語が進むにつれて、さらに彼女の負けず嫌いなところがエスカレートしたため、

志田未来さんの演技に対して悪い印象を持った方が多かったようです。

しかし、それだけのインパクトを与えたということは、

志田未来さんの演技力の高さの現れとも言えるでしょう。

スポンサーリンク

志田未来が演技上手という評価も多い

迫力のある演技が素晴らしい

このように、志田未来さんは演技が上手いという声も多くあります。

特に志田未来さんは迫力のある演技を得意としています。

「女王の教室」では鬼教師を演じた天海祐希の迫力が凄かったですが、

志田未来さんも全く負けていませんでした。

「ウツボガズラの夢」の迫力ある演技も素晴らしかったです。

志田未来さんは美しさや可愛らしさで引き付けるというよりも、

「力」で見る人を引き付ける女優さんのように感じます。

その迫力は、同世代の女優さんの中でも群を抜ているでしょう。

スポンサーリンク

結婚して演技の幅が広がった

志田未来さんは、2019年9月に結婚を発表されました。

古くからのご友人で、一般の方とのことでした。

この結婚発表の後、

結婚してからキレイになった

結婚して色気が増した

などの意見も多く見られました。

特に結婚後に出演されたドラマ「監察医 朝顔」の安岡光子役に

色気を感じた方も多かったようです。

とても高い演技力がありながら、

子役上がりということで幼さが邪魔をしていた志田未来さんですが、

結婚して色気が加わったら最強の女優さんなるでしょう。

また最近は、

お母さん役でホームコメディーに挑戦してみたい

などの発言もされています。

ほっこりとしたお母さん役も見てみたいですね。

ますます演技の幅が広がり、魅力的な女優さんになるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

志田未来さんが演技が下手と言われる理由について考えてきました。

しかしそれ以上に演技が上手いという意見が多いことがわかりました。

これからの活躍にも期待したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
志田未来が演技下手と言われる5つの理由!14才の母の子役を結婚で払拭?

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次