MENU

清水宏保選手の現在は介護施設・訪問看護・スポーツジム経営者だった!

清水宏保選手の現在は介護施設・訪問看護・スポーツジム経営者だった!
スポンサーリンク

清水宏保(ひろやす)選手は

スピードスケートの選手としてオリンピックに4度出場し、

金銀銅のメダルを一枚ずつ勝ち取っています。

現在も北京オリンピックの開設者としてわかりやすく選手サイドの

気持ちや事情を交えながら教えてくれます。

そんな清水選手も現在47歳(2022年2月)。

現在は介護施設・訪問看護・スポーツジムの経営者として働かれています。

スポンサーリンク
目次

清水宏保選手とは

日刊スポーツ

清水宏保
生年月日:1974年2月27日 (47歳/2022年2月)
出身:北海道帯広市
身長:162cm/70kg
出場:1994年リレハンメルオリンピック、1998年長野オリンピック、2002年ソルトレークシティオリンピック、2006年トリノオリンピック
家族:元妻 高垣麗子(2010-2011)

4度の冬季オリンピックに出場し

スピードスケートといえば清水と言われるようになりました。

小児の頃から患っていた喘息をうまくコントロールして

五輪に出場しメダル獲得までをも果たしたスポーツ選手としても有名です。

失神寸前まで自分を追い込むトレーニングを過酷な環境で行っていたことでも有名です。

清水宏保選手の現在は介護施設・訪問看護・スポーツジム経営者だった

経営者としての才能を開花

そんな清水選手が現在何をしているのかというと

現役引退後に日本大学大学院で医療経営学修士を取得後、

整骨院そしてリハビリ特化型通所介護施設を開設。

2016年には自身の経験を生かしたスポーツジムを開業しました。

2018年にはサービス付き高齢者向け住宅を新設しています。

サービス付き高齢者向け住宅
安否確認や様々な生活支援サービスを受けられるバリアフリー対応の賃貸住宅

清水宏保 Twitter

このように、自分の施設で利用者と一緒にリハビリを行う姿も。

利用者もかつてテレビで観ていた選手が間近に来るとやる気が出ますよね。

このように、実際の福祉に関して勉強した内容に加え経営者側の視点で講義もされています。

清水選手のような人が福祉の世界に入ってくれると
若い人からのイメージが変わると思う

リハビリしたい人にとって清水選手のネームバリューは
説得力があると思う

株式会社 two.seven

アスリートや芸能人は、引退もしくはビジネスに手を伸ばす際に

飲食店やアパレルブランドが多く見受けられますが清水選手は

リハビリ・通所介護事業、訪問看護事業、フィットネススタジオ事業、高齢者住宅事業など
多角的にサービスを展開
しました。

社名が27である理由
清水選手はスピードスケート現役時代に
勝つレースの前日には、必ず2時27分に目を覚まし、なんとオリンピックで金メダルを獲得した前日も、同じ現象がおきたそうです。
「27」という数字はとてもパワーナンバーのようです。

two.seven

清水選手は今後訪れる2025年問題を見据えてサービス事業を展開しています。

1つの事業で国が最も力を入れている「家でみる」に沿った

医療・介護に特化したサービスだけではなく

リハビリと別にフィットネス事業も行っています。

2025年問題
日本の団塊世代が高齢者となる「超高齢化社会」となり、社会構造や体制が大きな分岐点を迎え、雇用、医療、福祉など、さまざまな分野に影響を与えることが予想される年

スポンサーリンク

現役引退後は何をしていたのか

腰痛悪化

Instagram 清水宏保

2002年のソルトレークオリンピック以前、清水選手は深刻な腰痛に悩まされていました。

日常生活で腰を曲げるだけで激しい痛みがあったそうです。

痛みの伝達を一時的に遮断する椎間関節への局所注射を3カ所に打ってもらって滑りました。
世界スプリントは痛みの箇所が増えたので5カ所に打ってレース当日には痛み止めも飲んで。

これでは、日常生活を送るのもキツかったと思います。

ズボンも簡単には履けず、壁に手を当てて立ったまま、

もう片方の手でぶら下げて何とか脚を通すようにして履いていたそうです。

その体調で銀メダルを獲得したため、実は腰痛があったということに誰もが驚きました。

腰が痛くて一人では歩けず靴下すらはけない。 
それでも銀メダルを取ることができた。
諦めることの無意味さを知った大会だった。

半ば障害のような状況を抱えてのメダルに感動を呼びました。

モデル・高垣麗子と結婚し2年で離婚

この衣装でも、清水選手のパワーナンバーである27が採用されていますね。

この日に願掛けした後離婚されたことも、経験値の1つとなったでしょう。

政界進出ならず学業の道へ

2012年、鈴木宗男さんの応援の元第46回衆議院議員総選挙に

新党大地公認で北海道1区から出馬しますが落選します。

その翌年2013年に整骨院を開業します。

2015年4月、弘前大学大学院医学研究科博士課程に入学します。

同年、株式会社two.seven(北海道札幌市)で、

代表取締役として通所介護施設や訪問看護ステーション、スポーツジムなどを経営しています。

飼ってる柴犬が可愛い

一緒にトレーニングをしている様子です。

スポンサーリンク

現在スポーツ開設者として北京オリンピックで活躍

Twitter 清水宏保

こちらの画像は北京オリンピック会場です。

後ろで走っているのはフィギュアの織田信成さんです。

清水選手の解説は小田選手同様わかりやすいと定評があります。

選手サイドの事情やあるあるを視聴者再度までかみくだき、

戦いがどんなに大変なのか難しいのかわかりやすく説明してくれます。

説明だけでなく、声も聴きやすいしハキハキと話されるところに

視聴者からのわかりやすいという声があるのでしょうね。

北京オリンピックで高木美保不調の原因に視聴者から納得の声

例えば、高木美保さんの3000mで

本来の実力が出なかった理由についてはこのように語られています。

たしかに、一般人は氷や全体の温度などに気をまわして事情を察知できませんよね。

どんな環境で選手が戦っているのか、立ち位置など語られます。

競技がもっとおもしろくなるような解説に皆が耳を傾けます

北京オリンピックでは毎日PCR検査をしている

現地入りしている清水さんたちは、毎日PCRを行い体調確認を行っているそうです。

なかなかの試練と言っていることから、鼻の手前ではなく鼻咽頭で

オェというところまで突っ込までているのでしょうね。

まとめ

元スピードスケートの金メダリスト・清水宏保さん。

身体に不調を抱えながら、離婚、政界進出落選、事業設立と

色々な経験と成長をされています。

現在は介護・医療に特化したサービスを展開される取締役として

今後の日本の問題を担うキーパーソンとなっていました。

今後の清水選手の益々の活躍・日本全体の健康寿命の底上げを期待しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
清水宏保選手の現在は介護施設・訪問看護・スポーツジム経営者だった!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次