MENU

常盤貴子の経歴・学歴は?自ら事務所に売り込み!視聴率女王の歴史!

常盤貴子の経歴・学歴は?自ら事務所に売り込み!視聴率女王の歴史!
スポンサーリンク

『愛していると言ってくれ』で大ブレイクし、

連ドラ女王として一世を風靡した常盤貴子さん。

そんな常盤貴子さんの学歴・デビューのきっかけなどの経歴が気になりますよね。

今回は出身校や学生時代、デビューやブレイク作品までご紹介させていただきます。

スポンサーリンク
目次

常盤貴子の経歴・プロフィール

生年月日:1972年4月30日
出身:神奈川県横浜市
家族:両親と姉の4人家族
学歴:西宮市立上甲子園中学校→
西宮市立西宮東高等学校2年生の頃、駒沢学園女子高等学校へ転入、卒業
関東学院女子短期大学家政科生活文化専攻卒業

常盤貴子さんは神奈川県横浜市で生まれ、

小学4年生で父親の転勤により兵庫県西宮市へ転居しています。

さらに高校2年生の頃に再び関東に戻りました。

常盤貴子さんの学生時代の様子や、出身校(偏差値)などについてご紹介させていただきます。

常盤貴子は神奈川県横浜市生まれ

常盤貴子さんは1972年4月30日に神奈川県横浜市で誕生しました。

3歳年上のお姉さんがいます。

ご両親の職業などの情報は公表されていません。

しかし、お父様は何度か転勤されていますので、全国規模の会社にお勤めだったのでしょう。

祖父は静岡の名士だった

また、常盤貴子さんの御祖父様の情報は見つけることができました。

御祖父様の地元は静岡県。

その静岡にある静岡銀行の頭取を務めた名士でした。

常盤貴子さんは『向日葵の丘 1983年・夏』(2015年)というドラマで主演を務めました。

このドラマの舞台は静岡県島田市。

共演者の別所哲也さんも静岡県出身でした。

そして別所哲也さんの父親が、常盤さんの御祖父様の部下だったそうです。

地元銀行の元頭取ということで、名の知れた人物だったのかもしれませんね。

中学校は西宮市立上甲子園中学校!

常盤貴子さんは神奈川県横浜市生まれとご紹介しました。

その後、小学校4年生の時に、お父様の仕事の都合で兵庫県西宮市に引っ越しています。

兵庫県西宮市立上甲子園中学校を卒業しています。

中学校時代の貴重なジャージ姿を見つけました。

とても初々しさがありますが、すでに美しい顔立ちであることがわかりますね。

クラスの中でも目立つ女の子だったのではないでしょうか。

ブラスバンドの強豪に所属

常盤貴子さんは中学1年生の時にテニス部に入部しますが、

1年で退部しブラスバンドに所属しました。

兵庫県西宮市立上甲子園中学校の吹奏楽部は、

今でも全国大会クラスとして知られています。

常盤貴子さんが所属していた頃も関西大会で好成績をおさめる強豪校でした。

常盤貴子さんはクラリネットを担当し、副部長も務めています。

花形楽器であるクラリネットを吹き、

副部長として部員をまとめていたとは、さすがですね。

西宮東高等学校から駒沢学園女子高等学校へ転入

中学校を卒業した常盤貴子さんは、西宮市立西宮東高等学校に入学します。

偏差値62程度のやや難関とされる高校です。

当時、甲子園球場の近くに住んでいた常盤貴子さんは、

阪神タイガースファンだったといいます。

高校時代には、西宮球場の売店でアルバイトしていたこともありました。

駒沢学園女子高等学校に転入

しかし高校2年生の頃に、

再びお父様の転勤に伴い関東に戻ることになります。

私立の駒沢学園女子高等学校に転入しました。

こちらは、偏差値50程度の高校です。

関西の市立高校から関東の私立女子高ということで、

環境が大きく変わったでしょうね。

駒沢学園女子高等学校卒業生
  • 戸田恵子
  • 松下由樹
  • 高橋真梨子

常盤貴子さんの出身は神奈川県で、

高校2年生以降も関東で生活しています。

しかし小学4年生から高校1年生まで関西で過ごしたため、

今でも関西弁を話すことが多いといいます。

大学は関東学院女子短期大学

常盤貴子さんは、関東学院女子短期大学家政科生活文化専攻を卒業しています。

当時の偏差値は45程度でした。

2004年に関東学院大学に統合され、

現在は関東学院大学人間環境学部となっています。

受験には一苦労

知的な雰囲気が漂う常盤貴子さんですが、受験には苦労されました。

この短期大学以外にも複数の短期大学を受験したのですが、

全て落ちてしまったのです。

ちょっと意外な感じがしますね。

関東学院女子短期大学の卒業生
  • いとうあいこ
  • 森貴美子

後述しますが、常盤貴子さんは大学1年生の時に、スターダストプロモーションに所属

芸能活動を開始します。

短大時代は、学業も芸能活動も並行して励んでいたのですね。

スポンサーリンク

19歳で常盤貴子自ら事務所に売り込む

常盤貴子さんのデビューのきっかけはスカウトやオーディションはありません。

芸能界に興味があった常盤貴子さんは19歳の時に、

自らスターダストプロモーションに売り込みます。

1991年、19歳で芸能事務所に入った常盤貴子さん。

はじめはバイト感覚で始めたと語っています。

『悪魔のkiss』の体当たり演技が注目される

常盤貴子さんは与えられた仕事を淡々とこなしながら、下積み時代が続きます。

そして1993年にドラマ『悪魔のKISS』に出演し注目を集めました。

カード地獄により風俗嬢になる女子大生というちょっと過激なキャラクターを演じます。

常盤貴子さんはこの作品で、

なんと上半身ヌードの体当たりの演技を見せたのです。

主演の奥山佳恵さんよりも存在感がありました。

このドラマは、当時のさまざまな社会問題が描かれている見ごたえのある作品でもあります。

しかし残念ながら、再放送を見ることができません。

常盤貴子さんの過激なシーンが多いため、常盤貴子さんの事務所が再放送NGとしているそうです。

「愛してると言ってくれ」

常盤貴子さんは『悪魔のKISS』の成功により、

注目の若手女優として知られるようになります。

そして1995年に伝説のTBSドラマ『愛していると言ってくれ』で大ブレイクします。

2人の切なく美しいラブストーリーに多くの女性が引き込まれました。

DREAMS COME TRUEの主題歌「LOVE LOVE LOVE」は約250万枚を記録

ドラマも主題歌も大ヒットしました。

「Beautiful Life〜ふたりでいた日々〜」で最高視聴率は41.3%!

しかし常盤貴子さんの勢いはまだまだ続きます。

2000年のドラマ『Beautiful Life〜ふたりでいた日々〜』が大ヒット。

人気絶頂の木村拓哉さんとタックを組んだ伝説のドラマで、最高視聴率は41.3%。

平成の民放連続ドラマの中で、初めて視聴率40%を超えたドラマとなったのです。

常盤貴子が「連ドラ女王」と言われる理由

常盤貴子さんはその後も「連ドラ女王」と呼ばれ、数多くのドラマに出演します。

主演ドラマが2クール続くこともあったため、TV局のスタッフから心配されるほどでした。

しかし常盤貴子さん本人が

多くのドラマから芝居を吸収したい

と自ら連投していたのです。

1クールドラマが終わると、1週間程度の休みを挟み、また次のドラマに挑んでいました

連ドラ女王の名にふさわしいストイックさですね。

スポンサーリンク

常盤貴子の現在は?演出家の夫と良い関係!

連ドラ女王として一世を風靡した常盤貴子さん。

現在はどのような生活をされているのでしょうか。

演出家、俳優である夫、長塚圭史さんと良い関係を築かれているそうです。

独特なお二人の関係をリサーチしました。

長塚圭史とは仕事でもプライベートでも良きパートナー

常盤貴子さんは2009年に俳優であり演出家である長塚圭史さんとご結婚されています

映画『ゲロッパ』で共演したことがきっかけでした。

長塚圭史さんは、あの名優長塚京三さんの息子さんです。

常盤貴子さんは結婚後、長塚圭史さんが演出する作品に出演しています。

夫婦で「演出家」と「妻」というのは難しい関係にも見えますよね。

しかし常盤貴子さんは、稽古場では公私混同せずに演出家である夫の指示従うそうです。

演出家がやろうとすることを実現するのが俳優の役目

という常盤貴子さん。

さすがベテラン女優ですね。

夫婦共演に戸惑いもあった常盤貴子

はじめは夫が演出する作品に不安もあったといいます。

ところが実際にやってみるとやりやすかったと語っています。

常盤貴子さんと長塚圭史さんは、

自宅では稽古の話をすることはほとんどありません。

現場でダメ出しをすることがあっても、

帰ってきてからすることはないようにしています。

コロナ禍で会食が減った夫のために、

疲れていても食事作りを楽しんでいるそうです。

オンとオフをしっかり切り替えているから、

仕事でもプライベートでも良い関係なのですね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は連ドラ女王として知られた常盤貴子さんの経歴をご紹介してきました。

神奈川県横浜市出身ではありますが、学生時代は関西で過ごしていたことがわかりました。

デビューのきっかけは、短期大学時代の芸能プロダクションへの売り込み。

数年の下済み時代はありましたが、『悪魔のKISS』でブレイクした後の活躍はすごい勢いでした。

これからの活躍にも大いに期待したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
常盤貴子の経歴・学歴は?自ら事務所に売り込み!視聴率女王の歴史!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次