MENU

堤真一の経歴・学歴は?不登校の過去がある?実は真田広之の付き人だった!

堤真一の経歴・学歴は?不登校の過去がある?実は真田広之の付き人だった!
スポンサーリンク

『やまとなでしこ』など代表作が多い堤真一さん。

どんな経歴や学歴なのか知りたいですよね。

ドラマ、映画で大活躍のベテラン俳優ですが、

長い下積み時代もありました。

学生時代からデビュー、現在まで調べました。

スポンサーリンク
目次

堤真一の経歴・プロフィール

本名:堤真一
生年月日:1964年7月7日
年齢:58歳(2022年9月現在)
出身地:東京都
身長:178cm
趣味:写真 キャンプ 
特技:古武道
家族:妻、長女、次女
事務所:シス・カンパニー

兵庫県西宮市で生まれた

堤真一さんは兵庫県西宮市で生まれました。

家族構成は、ご両親とお姉さんの4人家族でした。

お父様は寡黙な方で、

お母様はおしゃべり好きだったそうです。

人見知りをする静かな子供だったという堤真一さん。

友達と遊ぶよりも一人で遊ぶタイプだったそうです。

小学生から野球をはじめる

そんな堤真一さんは、

小学校の時に少年野球チームに入ります。

野球を始めたことがきっかけで、

元気で積極的な性格になったそうです。

野球だけでなく足も早かった堤真一さん。

小学校連合体育大会のリレーでは、

いつもアンカーだったといいます。

中学校は西宮市立浜甲子園中学校

小学校を卒業後は、

西宮市立浜甲子園中学校に進学します。

甲子園球場から1km圏内にある中学校です。

堤真一さんは子供の頃から阪神タイガースの大ファンだったそうです。

そんな堤真一さんは、

小学校に引き続き中学校でも野球を続けます。

野球部に所属して部活動に励みました。

堤真一さんは後のインタビューで、

「中学校時代の野球部の先生はめちゃめちゃ厳しかった」

と話していました。

高校は西宮市立西宮東高等学校

中学校を卒業した堤真一さんは、

西宮市立西宮東高等学校に入学します。

偏差値62~68ということで、

県内では有名な進学校として知られています。

女優の常盤貴子さんも、

高校2年生まで同校に通っていました。

堤真一さんは高校でも野球部に入部します。

ところが、練習がつまらなくなったため、

退部してしまいます。

夏休みに辞めると練習がきつくて逃げたと思われるということで、

9月になってから辞めたそうです。

不登校の時期があった

野球を辞めても特にやりたい事が見つからなかった堤真一さん。

ほとんど学校に行かなくなったそうです。

やりたいことがなく、

引きこもりがちの生活を送っていたといいます。

授業を受けていないため、

当然全科目赤点となってしまいます。

冬休みには、

赤点補充のために全科目のレポートを提出することになります。

睡眠時間2時間という日々が続き、

レポートを仕上げたといいます。

その時、補充レポートをやり遂げたことが自信になったそうです。

それ以降は卒業まで休まず登校するようになりました。

スポンサーリンク

高校卒業後JACに所属し芸能活動をスタートさせる

アクション俳優を目指すもリハビリばかり

高校を卒業後、特にやりたいことがなかったという堤真一さん。

体を動かすことは好きだったため、

アクション俳優の仕事をやってみよう

と思ったそうです。

JAC(ジャパンアクションクラブ)のオーディションを受けます。

友人の誘いがあったことも、

堤真一さんを後押ししたそうです。

JACとは千葉真一さんが主宰する、

アクション俳優やスタントマンを育成するための養成所です。

オーディションに受かった堤真一さんは、

19歳の時に上京します。

しかしアクションの稽古を始めるも、

怪我が多くリハビリばかりだったそうです。

このお若いころの写真、どことなく俳優の松坂桃李さんに似ていますね。

坂東玉三郎の舞台がきっかけで俳優を目指す

JCAに所属していた堤真一さんは、

俳優の真田広之さんの付き人を努めていました。

俳優になりたいという気持はあまりなかったといいます。

しかしそんな堤真一さんに転機が訪れます。

坂東玉三郎さんの舞台に、

真田広之さんの代役として参加する機会を得たのです。

その世界観に圧倒された堤真一さんは、

「一生舞台に関わっていこう」

と決心したといいます。

その後、21歳の時に舞台『天守物語』(1985年)へ出演。

この舞台以降、本格的に役者を目指すことになります。

堤真一さんは当時を振り返り、

挫折ばかりの経験からも、
何か新しいものが見えてくるもんなんだな

と話していました。

30代でトレンディドラマに出演しはじめる

舞台俳優としてキャリアを積む堤真一さん。

30歳を過ぎた頃から、連ドラに出演するようになります。

実は堤真一さんは、

トレンディドラマにあまり興味がなかったそうです。

しかし事務所の社長から、

年齢的にギリギリやで

と言われたといいます。

年齢的にこのタイミングを逃したら、

ドラマの仕事は難しいと悟った堤真一さん。

それまで避けてきたトレンディドラマの世界に飛び込んだのです。

・『ピュア』(1996年)

・『ザ・ドクター』(1999年)

・『ナニワ金融道5』(2000年)

堤真一さんは、このようなドラマに出演。

いずれも注目されました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
堤真一の経歴・学歴は?不登校の過去がある?実は真田広之の付き人だった!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次