山下美月と久保史緒里の不仲は本当なのか?2人ともストイックな性格だから?

山下美月と久保史緒里の不仲は本当なのか2人ともストイックな性格だから

2017年に乃木坂46の3期生として加入しており、2021年1月に発売されて

乃木坂46の26枚目シングルである「僕は僕を好きになる」で初センターを務め

2022年にはNHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」ではヒロインの親友役にも

抜擢されるほど注目を集めております。

目次
スポンサーリンク

山下美月と久保史緒里が不仲と言われる理由

そんな山下美月さんですが、同期の久保史緒里さんとの不仲説が浮上しています。

その理由を紐解いていきます。

2017年に乃木坂46の3期生として2人は出会い、共に活動を始めました。

そんな2人ですが、20枚目のシングルである

「シンクロニシティ」では2人揃って初選抜にも入っています。

お互い切磋琢磨して活動をしていましたが、

そんな関係性が不仲ではないかという噂が出ています。

似たような性格の持ち主だから?

乃木坂46の登竜門とも言われていた舞台である「3人のプリンシパル」では

観客投票により選ばれたメンバー3人しか出演が許されない超過酷な舞台です。

全15公演のうち

  • 山下美月さんは2位の10回
  • 久保史緒里さんは最多の11回

出演しておりこの頃から良きライバル関係となっていました。

そんなお2人ですが、

共にかなりストイックな性格であることから

あまり仲が良くないのではないかという印象もあったようです。

シンメの解散がきっかけ?

山下美月さんと久保史緒里さんは20枚目のシングルで共に初選抜となりましたが

その前にも初の3期生楽曲である「3番目の風」ではともにセンターの両脇を固める

ポジションであり、その後に発表された3期生楽曲である

「思い出ファースト」「僕の衝動」ではシンメ「未来の答え」ではWセンターも務めます。

しかし、この作品以降はお2人とも休業をしましたが、避けるかのように

シンメを組むことがなくなった時期があったこともあり、不仲説が強くなります。

シンメ
シンメトリーの略であり、
ステージの立ち位置が左右対称であるメンバー2人のことを指す。 

スポンサーリンク

実はかなりの仲の良さ

加入当時からシンメを組み、舞台を共に引っ張ってきたりと3期生の中心で活動しており

ファンからは「くぼした」の愛称で呼ばれており、そんな2人が不仲なわけがないです。

今度は不仲ではなく、仲が良いという理由を紐解いていきます。

シンメの復活

似たような性格でぶつかることもあり、シンメの解散となれば不仲説は強いです。

しかし、この不仲説を吹き飛ばすような出来事が起こります。

2020年7月に配信限定でリリースされた「Route246」で2年9か月ぶりに表題曲で

シンメが復活します。

表題曲でのシンメは初となり、ここからくぼしたの勢いは加速します。

久保史緒里+山下美月でファンの間では「くぼした」と呼ばれています

メッセージやSNSに込められたお互いへの気持ち

2020年7月に配信されたLINE LIVEでは山下美月さんは久保史緒里さんの誕生日に

こんなメッセージを送っています。

山下美月

シンメ嬉しい

山下美月さんは

山下美月

シンメで一番合うのは久保ちゃんだ

と言っており、久保史緒里さんも

久保史緒里

自分が頑張って山下に並べるようになりたい。
山下からそう言ってくれて嬉しい

と発言しており、不仲説は否定的なものと言えるでしょう。

また、2022年に久保史緒里さん主演の舞台「桜文」を山下美月さんが鑑賞に行ったり、

久保史緒里さんがパーソナリティーを務めるオールナイトニッポンへも出演してます。

2020年のLINE LIVEから2年が経ちましたが変わらず良い関係性です。

スポンサーリンク

まとめ

山下美月さんと久保史緒里さんの不仲説についてですが、

お互い似たような正確であったり、シンメの解散で不仲説が流れましたが

実際はお互いがお互いを尊敬しており、乃木坂の未来を担い、

中心となるコンビに違いないです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
山下美月と久保史緒里の不仲は本当なのか2人ともストイックな性格だから

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次